2022年10月7日地域連携・研究人間情報工学科地域創造戦略センター

本学学生がデジタルデバイド対策専門部会において活動事例を発表しました

岡山県電子自治体推進協議会デジタルデバイド対策専門部会(Web開催)において、本学学生がボランティアの経験の中で感じたデジタルデバイドのポイントについて発表しました。

 

1 開催日
令和4年9月30日(金)

2 発表者
生本 大樹(いけもと だいき)
情報工学部人間情報工学科 3年
演題「高齢化社会におけるLINEの活用実態」

3 参 加 者
県内市町村職員(30人程度 Web参加)

<参 考>
岡山県電子自治体推進協議会
①設 立:平成14年3月20日
②目 的:岡山県及び県内全市町村の連携のもと、住民サービスの向上と行政事務の高度化のため、電子自治体の円滑かつ効率的な構築を図るとともに、県内全域で情報化を推進することを目的とする。
③会 員:岡山県及び県内全市町村
④デジタルデバイド対策専門部会:
 デジタルデバイドの解消を図るため、同協議会の下に、県及び全市町村を部会構成員として、令和3年5月13日に設置

<プレス>
https://www.oka-pu.ac.jp/cms/wp-content/uploads/2022/09/220927_press.pdf[PDF 212KB]

 

地域創造戦略センター/社会連携教育推進部門

 

発表の様子

発表の様子