シラバス参照

授業情報/Course information

科目名/Course: 造形デザイン学特別研究/
科目一覧へ戻る 2024/03/25 現在

授業基本情報
科目名(和文)
/Course
造形デザイン学特別研究
科目名(英文)
/Course
時間割コード
/Registration Code
74910301
学部(研究科)
/Faculty
デザイン学研究科 修士課程
学科(専攻)
/Department
造形デザイン学専攻
担当教員(○:代表教員)
/Principle Instructor (○) and Instructors
○島田 清徳 , 真世土 マウ , 河合 大介 , 関﨑 哲 , 北山 由紀雄 , 野宮 謙吾 , 齋藤 美絵子 , 作元 朋子 , 西田 麻希子
オフィスアワー
/Office Hour
島田 清徳(月曜日 4時限 3201研究室)
真世土 マウ(月曜日2限(3206研究室))
河合 大介(3407研究室 前期:水曜2限、後期:火曜3限)
関﨑 哲(月曜3限(通年)5223)
北山 由紀雄(前期:月曜日6限/3506研究室、後期:月曜日6限/3506研究室)
野宮 謙吾(水曜日 5限、3603研究室)
齋藤 美絵子(水曜2限 / 3609研究室)
作元 朋子(月曜日4限(3204研究室))
西田 麻希子(火曜日3限、3604/その他:メールにてmacky@dgn.oka-pu.ac.jpまで希望日時を連絡してください。)
開講年度
/Year of the Course
2024年度
開講期間
/Term
通年
対象学生
/Eligible Students
造形デザイン学専攻2年
単位数
/Credits
6.0
授業概要情報
更新日
/Date of renewal
2024/02/27
使用言語
/Language of Instruction
日本語
オムニバス
/Omnibus
複数教員担当
授業概略と目的
/Cource Description and Objectives
造形デザイン学特別演習の研究経過ならびに担当教員による指導に基づき、修了研究に必要とされるテーマ展開、情報収集、調査、分析、実験について主体的に取り組み、論文や作品等成果物の完成に導く。研究成果は、研究科修了研究中間発表会および最終発表会にて発表する。
履修に必要な知識・能力・キーワード
/Prerequisites and Keywords
造形デザイン学における研究する専門領域についての基礎的能力があること。研究を自律的に推進し、計画に基づき実行する能力があること。
履修上の注意
/Notes
研究日程については各自の履修計画を指導教員との相談のうえ決定し、計画的に進めること。
教科書
/Textbook(s)
研究テーマや課題および指導教員の指示による。
参考文献等
/References
研究テーマや課題および指導教員の指示による。
自主学習ガイド
/Expected Study Guide outside Coursework/Self-Directed Learning Other Than Coursework
修了研究として2年間取組んでゆく科目であるため、具体性や実行性のある計画を練り、日々遂行する意識を持つこと。
日常からテーマ関連の情報収集や資料収集に努めること。
資格等に関する事項
/Attention Relating to Professional License
特になし。
アクティブラーニングに関する事項
/Attention Relating to Active Learning
「本授業では次のアクティブ・ラーニングを採用している」
・プレゼンテーション
・宿題(作品課題)
実務経験に関する事項
/Attention Relating to Operational Experiences
該当しない
備考
/Notes
授業計画詳細情報
No. 単元(授業回数)
/Unit (Lesson Number)
単元タイトルと概要
/Unit Title and Unit Description
時間外学習
/Preparation and Review
配付資料
/Handouts
1 1〜7 [1年前前期:研究テーマ、課題の設定]
研究テーマ・課題の設定のために、文献を初めとする情報収集および調査実施とその分析を行う。
文献等資料を多く収集し、講読する。
2 8〜15 [1年前後期:研究計画の構築]
研究テーマに基づき、必要となる実験制作等について計画する。研究テーマ展開の手法を研究する。
3 16〜22 [1年後前期:研究の手法決定と調査]
研究展開の手法について検討を行い決定する。それに基づき、必要となる調査を行い研究を進展させる。
文献等資料を講読し考察する。
4 23〜30 [1年後後期:実験と試作。]
実験や試作により研究を進める。
1年次研究の総括を行う。
資料等の収集、講読、分析等の考察を進める。習作の制作。
5 31〜37 [2年前前期:修士研究概要]
R3年度入学生は、修士論文概要と修士作品のための習作を完成させる。
R4年度以降入学生は、修士論文概要または特定の課題のための習作を完成させる。
いずれも修了研究中間発表で研究発表する。
資料等の収集、講読、分析等の考察を進める。習作の制作。
6 38〜45 [2年前後期:「修士論文執筆および本制作」「修士論文執筆または特定の課題」着手。]
R3年度入学生は、修士論文執筆および修士制作本制作に着手する。
R4年度以降入学生は、修士論文執筆または特定の課題のための本制作に着手する。
論文の執筆。作品の制作。
7 46〜52 [2年後前期:「修士論文執筆および本制作」「修士論文執筆または特定の課題の本制作]
R3年度入学生は、修士論文執筆および修士制作本制作を進める。
R4年度以降入学生は、修士論文執筆または特定の課題のための本制作を進める。
論文の執筆。作品の制作。
8 53〜60 [2年後後期:「修士論文の完成・修士制作物の完成」「修士論文または特定の課題のための本制作を完成」]
R3年度入学生は、修士論文および修士作品を完成させる。
R4年度以降入学生は、修士論文または特定の課題のための本制作を完成させる。
いずれも修了研究最終発表で研究発表する。
論文の執筆。作品の制作。
授業評価詳細情報
到達目標及び観点/Learning Goal and Specific Behavioral Viewpoints
No. 到達目標
/Learning Goal
知識・理解
/Knowledge & Undestanding
技能・表現
/Skills & Expressions
思考・判断
/Thoughts & Decisions
伝達・コミュニケーション
/Communication
協働
/Cooperative Attitude
1 研究するテーマが独創性を持ち、現代および今後の社会にとって有用なる要素を含んでいるかについて、客観的批判的思考を獲得することができる。(A-3)
2 自らの研究テーマ及び課題の検討を広く深く行い、解決策へ導くために必要な理論の構築と、その根拠となる調査研究の手法や制作手法を確立できる創造力を身につけることができる。(A-3)
3 有意義な成果が得られるよう、周到な計画性や展開力・実行力を確実に獲得することができる。(A-3)
4 自らの研究過程や成果をより効果的なものにするために、説得力あるコミュニケーション能力をスキルアップすることができる。(A-2)
成績評価方法と基準/Evaluation of Achievement
※出席は2/3以上で評価対象となります。
No. 到達目標
/Learning Goal
定期試験
/Exam.
R3年度入学生は修士論文および修士作品。R4年度入学生は修士論文または特定の課題。 研究態度 プレゼンテーション
1 研究するテーマが独創性を持ち、現代および今後の社会にとって有用なる要素を含んでいるかについて、客観的批判的思考を獲得することができる。(A-3)
2 自らの研究テーマ及び課題の検討を広く深く行い、解決策へ導くために必要な理論の構築と、その根拠となる調査研究の手法や制作手法を確立できる創造力を身につけることができる。(A-3)
3 有意義な成果が得られるよう、周到な計画性や展開力・実行力を確実に獲得することができる。(A-3)
4 自らの研究過程や成果をより効果的なものにするために、説得力あるコミュニケーション能力をスキルアップすることができる。(A-2)
評価割合(%)
/Allocation of Marks
70 20 10
評価ルーブリックはこちら

科目一覧へ戻る