シラバス参照

授業情報/Course information

科目名/Course: セラミック造形学特論/
科目一覧へ戻る 2024/03/25 現在

授業基本情報
科目名(和文)
/Course
セラミック造形学特論
科目名(英文)
/Course
時間割コード
/Registration Code
74210201
学部(研究科)
/Faculty
デザイン学研究科 修士課程
学科(専攻)
/Department
造形デザイン学専攻
担当教員(○:代表教員)
/Principle Instructor (○) and Instructors
○真世土 マウ
オフィスアワー
/Office Hour
真世土 マウ(月曜日2限(3206研究室))
開講年度
/Year of the Course
2024年度
開講期間
/Term
後期
対象学生
/Eligible Students
1年,2年
単位数
/Credits
2.0
授業概要情報
更新日
/Date of renewal
2024/02/20
使用言語
/Language of Instruction
日本語
オムニバス
/Omnibus
該当なし
授業概略と目的
/Cource Description and Objectives
道具とは何かを改めて考察し、セラミック素材におけるこれからの道具のあり方を論ずる。さらに、伝統陶芸と産業陶磁器におけるデザインおよび生産を踏まえながら論ずる。
履修に必要な知識・能力・キーワード
/Prerequisites and Keywords
自らの魅力ある研究テーマを構築できること
履修上の注意
/Notes
初回のオリエンテーション時に注意事項を説明する。
教科書
/Textbook(s)
必要に応じて適宜提示する。
参考文献等
/References
自主学習ガイド
/Expected Study Guide outside Coursework/Self-Directed Learning Other Than Coursework
自主的かつ積極的に授業内容に関連する事例を調査し、知識を深めること。
資格等に関する事項
/Attention Relating to Professional License
特になし
アクティブラーニングに関する事項
/Attention Relating to Active Learning
本授業では次のアクティブ・ラーニングを採用している
・グループワーク・ペアワーク
・プレゼンテーション
実務経験に関する事項
/Attention Relating to Operational Experiences
セラミックデザイナーの実務経験のある教員が、その実務経験を生かして陶磁器製造について専門的に教育を行う。
備考
/Notes
本科目は、一部または全部をオンライン授業で実施する可能性がある。
授業計画詳細情報
No. 単元(授業回数)
/Unit (Lesson Number)
単元タイトルと概要
/Unit Title and Unit Description
時間外学習
/Preparation and Review
配付資料
/Handouts
1 1 [[授業オリエンテーション]]
オリエンテーション、課題説明など。
詳細スケジュール
2 2 [[ 道具概論 ]]
道具の歴史について、講義する。
道具の起源を調べる。 ppt資料
3 3 [[道具と人間の関係]]
世界の道具と人間の関係について講義する。
日本道具に関して、レポートを提出する。 ppt資料
4 4 [[道具と古代土器]]
古代土器製作の道具について講義する。。
分野を決め、世界の工具を調べる。 ppt資料
5 5 [[生活空間と人間の関係①]]
生活空間と人間の関係について講義①。
総社市周辺の古民家を調査する。 ppt資料
6 5 [[生活空間と人間の関係②]]
生活空間と人間の関係について講義②。
日本建築に関して、レポートを提出する。 ppt資料
7 6 [[食文化と暮らし]]
東洋人と西洋人の食文化と暮らしについて、講義する。
和食や日本の食生活の歴史に関して、レポートを提出する。 ppt資料
8 7 [[日本の食文化と器]]
日本の食文化と器について、講義する。
西洋食器と東洋食器の違いについて調べる。 ppt資料及び食器(実物)
9 8 [[四季vs器]]
気候風土と器の関係性について、講義する。
日本伝統陶芸と四季についてレポートを提出する。 ppt資料及び食器(実物)
10 9 [[自然から生まれる食器デザイン]]
自然から生まれる食器デザイン(装飾・形状)を講義する。
植物を観察とスケッチする。 ppt資料
11 10 [[陶磁器造形作品の表現]]
世界の陶磁器造形作品を紹介する。
ppt資料
12 11 [[産業としての陶磁器①]]
世界の陶磁器産業を紹介する。
ヨーロッパの主な陶磁器ブランド及び伝統窯元について調べる。 ppt資料
13 11 [[産業としての陶磁器②]]
日本の陶磁器産業と海外の陶磁器産業を比較する。
日本の主な陶磁器ブランド及び伝統窯元に関してレポートを提出する。 ppt資料
14 12 [[陶磁器分野の今後①]]
21世紀の陶磁器産業の可能性を探る。
ppt資料
15 12 [[陶磁器分野の今後②]]
21世紀の陶磁器産業の可能性を探る
テーマを決めて、新たな食器の提案。(プレゼンテーション)
授業評価詳細情報
到達目標及び観点/Learning Goal and Specific Behavioral Viewpoints
No. 到達目標
/Learning Goal
知識・理解
/Knowledge & Undestanding
技能・表現
/Skills & Expressions
思考・判断
/Thoughts & Decisions
伝達・コミュニケーション
/Communication
協働
/Cooperative Attitude
観察力
1 道具としてのセラミック製品と暮らしの関わりを理解と説明できる。(A-1)
2 生活文化とデザインの関わりを理解できる。(A-1)
3 コミュニケーション能力を習得できる。(A-1)
成績評価方法と基準/Evaluation of Achievement
※出席は2/3以上で評価対象となります。
No. 到達目標
/Learning Goal
定期試験
/Exam.
研究レポート プレゼンテーション
1 道具としてのセラミック製品と暮らしの関わりを理解と説明できる。(A-1)
2 生活文化とデザインの関わりを理解できる。(A-1)
3 コミュニケーション能力を習得できる。(A-1)
評価割合(%)
/Allocation of Marks
70 30

科目一覧へ戻る