シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2019/07/17 現在

授業基本情報
科目名(和文)
/Course
美学特論
科目名(英文)
/Course
時間割コード
/Registration Code
70511201
学部(研究科)
/Faculty
デザイン学研究科 修士課程
学科(専攻)
/Department
担当教員(○:代表教員)
/Principle Instructor (○) and Instructors
樋笠 勝士
オフィスアワー
/Office Hour
樋笠 勝士(前期:火曜日4限(3409研究室)
後期:水曜日3限(3409研究室)
)
開講年度
/Year of the Course
2019年度
開講期間
/Term
前期
対象学生
/Eligible Students
1年,2年
単位数
/Credits
2
授業概要情報
更新日
/Date of renewal
2019/03/06
使用言語
/Language of Instruction
日本語
オムニバス
/Omnibus
該当なし
授業概略と目的
/Cource Description and Objectives
美学の理論的基礎とその芸術的応用を学ぶ。
デザインは造形芸術に属しているが、デザインが実用的でありつつ鑑賞目的もあるという両義性をどのように考えたら良いのか。これを理論的に学び、そして芸術一般から応用的に知識やアイディアを得る。
履修に必要な知識・能力・キーワード
/Prerequisites and Keywords
美と芸術、応用芸術、実用と非実用、快楽と利用、その他美的意識など。
履修上の注意
/Notes
出席が大事です。
教科書
/Textbook(s)
配付資料があります。
参考文献等
/References
授業中に紹介します。
自主学習ガイド
/Expected Study Guide outside Coursework/Self-Directed Learning Other Than Coursework
図書館で画集を見て自らの感性を育てて下さい。感性とは、自分の好みや趣味をもつことです。
資格等に関する事項
/Attention Relating to Professional License
なし
備考
/Notes
なし
授業計画詳細情報
No. 単元(授業回数)
/Unit (Lesson Number)
単元タイトルと概要
/Unit Title and Unit Description
時間外学習
/Preparation and Review
配布資料
/Handouts
1 1 [イントロダクション]
「美学」への誤解と理解
「美学」の言葉を考えておく。 配付資料あり
2 2 [「美学」のテーマ]
「美学」という学問を考える。
「美学」の学問的内容を想像してみる。 配付資料あり
3 3 [「美学」と哲学史]
「美学」が哲学の一分野であることの意義。
「美学」の学問的内容が想像とどのように異なるかを反省する。 配付資料あり
4 4 [「美学」とモダニズム]
「近代西洋文化」における「美学」の学的位置
歴史的近代と美学の関係を調べてみる。 配付資料あり
5 [「美学」とポストモダン]
芸術の多様化に対応する「美学」
芸術を、それを扱う美学の意味とを考えておく。 配付資料あり
6 [芸術のジャンル論①]
時間と空間の分類方法の意義
ジャンルについて挙げてみる。 配付資料あり
7 [芸術のジャンル論②]
具象と抽象の区別を考えてみる。
ジャンル間の共通点と相違点を整理する。 配付資料あり
8 [芸術のジャンル論③]
理性と感情の対比がもたらす「芸術」概念の変遷
ジャンルを越え出る物を想像してみる。 配付資料あり
9 [芸術の境界領域の問題①]
実用か非実用かの区別の意義
芸術と非実用性についてレポートする。 配付資料あり
10 10 [芸術の境界領域の問題②]
芸術へと組み込まれる制作物
芸術であるか否かを決める理由を考えてみる。 配付資料あり
11 11 [美と芸術の関係]
「美しい芸術」の終焉と新たな芸術の始まり
美しくない芸術のその理由と意味を考える。 配付資料あり
12 12 [感性と芸術の関係]
趣味の能力と芸術作品との対応を考える。
趣味と作品の価値との関係を考える。 配付資料あり
13 13 [「生活世界」と芸術]
日常における芸術の存在理由
ありふれた日常にあるものの価値を考える。 配付資料あり
14 14 [「実存」と芸術]
「いま・ここ」に生きる現実を投影する芸術創作
その一瞬に価値を感じる人生の一コマに芸術がどうのように関わるのかを考える。 配付資料あり
15 15 [芸術の課題]
現代の最新の課題を考えてみる。
総括する。 配付資料あり
授業評価詳細情報
到達目標及び観点/Learning Goal and Specific Behavioral Viewpoints
No. 到達目標
/Learning Goal
知識・理解
/Knowledge & Undestanding
技能・表現
/Skills & Expressions
思考・判断
/Thoughts & Decisions
伝達・コミュニケーション
/Communication
協働
/Cooperative Attitude
1 美学を総体的に学ぶ。
2 芸術各論を知る。
3 自分の制作について理論的にとらえなおしてみる。
成績評価方法と基準/Evaluation of Achievement
※出席は2/3以上で評価対象となります。
No. 到達目標
/Learning Goal
定期試験
/Exam.
学習態度 発表 授業内レポート
1 美学を総体的に学ぶ。
2 芸術各論を知る。
3 自分の制作について理論的にとらえなおしてみる。
評価割合(%)
/Allocation of Marks
40 50 10

科目一覧へ戻る