シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2019/04/03 現在

授業基本情報
科目名(和文)
/Course
製品・情報デザイン領域演習8
科目名(英文)
/Course
Product and Information Design Practice 8
時間割コード
/Registration Code
34014301
学部(研究科)
/Faculty
デザイン学部
学科(専攻)
/Department
デザイン工学科
担当教員(○:代表教員)
/Principle Instructor (○) and Instructors
益岡 了 , 尾崎 洋
オフィスアワー
/Office Hour
益岡 了(1Q:木曜2時限3410
2Q:月曜2時限3410
3Q:金曜2時限3410
4Q:木曜2時限3410)
尾崎 洋(1Q:木曜2限3406
2Q:水曜2限3406
3Q:火曜2限3406
4Q:火曜3限3406)
開講年度
/Year of the Course
2019年度
開講期間
/Term
第4クォーター
対象学生
/Eligible Students
3年
単位数
/Credits
2.0
授業概要情報
更新日
/Date of renewal
2019/03/11
使用言語
/Language of Instruction
日本語
オムニバス
/Omnibus
複数教員担当
授業概略と目的
/Cource Description and Objectives
製品・情報デザイン領域におけるUXデザインの実学的演習として、ユーザー側の評価を基軸とするデザイン開発をアプリケーション学習と共に採り上げる。また総合的なデザイン開発や操作のインタラクションをどのようにプレゼンテーションするのか、どのように第三者に伝えるのか、グラフィックやデジタルコンテンツ、デザイン企画書といった様々なデザイン手段を通じたコミュニケーションデザインについて学習する。
履修に必要な知識・能力・キーワード
/Prerequisites and Keywords
様々な製品・サービス開発において「顧客とのエンゲージメント」の重要性が増している中、UX(ユーザーエクスペリエンス : 顧客体験)アプローチや基本知識の理解は必要不可欠である。特にデザイナー学生向けのUXデザインについて、サービスデザインの向上を目指した手法の理解やその表現能力について総合的に学習する。
履修上の注意
/Notes
1. 授業方法:演習形式で行い外部機関と協同する場合がある.
2. その他:パーソナルコンピューターやプリンターなど演習室内の機器の使用は、担当教員の許可がなければこれを認めない.
3. 製品・情報デザイン領域演習4・映像デザイン・サウンドデザインの履修が望ましい.
教科書
/Textbook(s)
特になし。
参考文献等
/References
スマホに満足してますか? ユーザインタフェースの心理学:増井 俊之著・光文社
AI vs. 教科書が読めない子どもたち:新井 紀子著・東洋経済新報社
複雑さと共に暮らす―デザインの挑戦:ドナルド・ノーマン著・新曜社
自主学習ガイド
/Expected Study Guide outside Coursework/Self-Directed Learning Other Than Coursework
機能の造形化としてデザインするに留まらず、ユーザーとの関係の理解、UXの理解とその応用、デザインの社会性や歴史・技術との関連の総合的な理解、それらのデザイン開発とその内容の第三者への伝達を心掛けること
資格等に関する事項
/Attention Relating to Professional License
CG-ARTS検定の試験内容と一部関連する
備考
/Notes
授業内でレポート・報告書を課すことがある
授業計画詳細情報
No. 単元(授業回数)
/Unit (Lesson Number)
単元タイトルと概要
/Unit Title and Unit Description
時間外学習
/Preparation and Review
配布資料
/Handouts
1 1 [オリエンテーションと導入]
授業全体のオリエンテーションとUX課題の報告書とディスプレイデザインの作成学習
UXデザイン開発 資料配付・報告書見本配布
2 2 [UX課題の改善・開発]
ユーザーテストの実際と、その分析を通じたUX課題の改善・開発の学習
UXデザイン開発 資料配付
3 3 [UX課題の開発報告]
デザイン開発の調査・分析の報告<中間>
UXデザイン開発 資料配付
4 4 [デザインアプリケーションその1]
デザイン開発のためのデザインアプリケーション学習
UXデザイン開発 資料配付
5 5 [デザインアプリケーションその2]
UXデザイン紹介用のグラフィック・映像のためのデザインアプリケーション学習
UXデザイン開発 資料配付
6 6 [デザインアプリケーションその3]
イメージハンティングを通じたグラフィックデザイン開発とUXデザイン開発
UXデザイン開発 資料配付
7 7 [デザインアプリケーションその4]
グラフィックコンテンツの装丁や各種コンテンツのデータの変換
UXデザイン開発 資料配付
8 8 [最終講評]
最終講評とUX課題の報告、関連課題の提出
UXデザイン開発 資料配付
授業評価詳細情報
到達目標及び観点/Learning Goal and Specific Behavioral Viewpoints
No. 到達目標
/Learning Goal
知識・理解
/Knowledge & Undestanding
技能・表現
/Skills & Expressions
思考・判断
/Thoughts & Decisions
伝達・コミュニケーション
/Communication
協働
/Cooperative Attitude
1 UXデザイン開発の総合理解
2 ユーザーテストを通じたデザイン開発
3 報告書や記録コンテンツのデザイン
4 総合的なデザイン紹介技術
成績評価方法と基準/Evaluation of Achievement
※出席は2/3以上で評価対象となります。
No. 到達目標
/Learning Goal
定期試験
/Exam.
UXデザイン課題 プレゼンテーションなど 報告書など提出課題 授業態度など
1 UXデザイン開発の総合理解
2 ユーザーテストを通じたデザイン開発
3 報告書や記録コンテンツのデザイン
4 総合的なデザイン紹介技術
評価割合(%)
/Allocation of Marks
40 20 30 10

科目一覧へ戻る