シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2019/07/17 現在

授業基本情報
科目名(和文)
/Course
インタラクティブデザイン論Ⅰ
科目名(英文)
/Course
Interactive Design Strategies Ⅰ
時間割コード
/Registration Code
30530601
学部(研究科)
/Faculty
デザイン学部
学科(専攻)
/Department
デザイン工学科,造形デザイン学科
担当教員(○:代表教員)
/Principle Instructor (○) and Instructors
山下 万吉
オフィスアワー
/Office Hour
山下 万吉(山下万吉(第1Q:月曜5限/3608 
     第2Q:火曜5限/3608 
     第3Q:水曜3限/3608 
     第4Q:水曜3限/3608))
開講年度
/Year of the Course
2019年度
開講期間
/Term
第1クォーター
対象学生
/Eligible Students
2年
単位数
/Credits
1.0
授業概要情報
更新日
/Date of renewal
2019/03/05
使用言語
/Language of Instruction
日本語
オムニバス
/Omnibus
該当なし
授業概略と目的
/Cource Description and Objectives
インタラクティブデザインとは、人が製品やサービスを通じて、どのようにして互いと繋がり合うかを扱うものであり、日常生活におけるあらゆる局面で重要な役割を果たしている。本授業ではインタラクティブデザインを理解するためのメディアアートの歴史や、その背景にある技術を通して、デザインにおける〝インタラクション性〟について考える。
履修に必要な知識・能力・キーワード
/Prerequisites and Keywords
履修に必要な知識はないが、広くメディアアートを中心とするアート、デジタル機器を使用したゲームやインスタレーションなどに触れたことがあると良い。キーワードは「インタラクション」「インタラクティブ」「メディアアート」。
履修上の注意
/Notes
・第1回のオリエンテーションで授業内容、成績評価について説明する。受講する者は出席すること。
・個人および複数人による課題(レポートを含む)を課す場合がある。
教科書
/Textbook(s)
使用しない
参考文献等
/References
・「インタラクティブ・デザイン」BNN出版社, 2011.
・「INTERACTION DESIGN―インタラクションデザイン」ビー・エヌ・エヌ新社, 2015.
・「クロフォードのインタラクティブデザイン論」オーム社, 2004.
・「ほんとに使える「ユーザビリティ」 -より良いデザインへのシンプルなアプローチ」ビー・エヌ・エヌ新社, 2013.
※その他、講義中に紹介する
自主学習ガイド
/Expected Study Guide outside Coursework/Self-Directed Learning Other Than Coursework
上記の参考書等を購入し、通読する。
資格等に関する事項
/Attention Relating to Professional License
特になし
備考
/Notes
特になし
授業計画詳細情報
No. 単元(授業回数)
/Unit (Lesson Number)
単元タイトルと概要
/Unit Title and Unit Description
時間外学習
/Preparation and Review
配布資料
/Handouts
1 1 [オリエンテーション]
全8回の授業概要について説明する。
なし なし
2 2 [インタラクションとは1.]
インタラクションとはどういうことか?Webサイトからディズニーランドまでを通して、私たちの日常に潜むインタラクション性について説明する。
授業後の復習、自身でのリサーチ なし
3 3 [インタラクションとは2.]
様々なメディアや芸術形態におけるインタラクション性について説明する。
授業後の復習、自身でのリサーチ なし
4 4 [コンピュータゲーム史]
私たちが身近に接するものの一つとして、コンピュータゲームが挙げることが出来る。「他者の獲得」「ゲームによる世界旅行」「人間の欲望とシミュレーション」を軸に、コンピュータゲームがどのようにインタラクション性を獲得していったのか、大まかな歴史の流れ説明する。
授業後の復習、自身でのリサーチ 印刷物
5 5 [インタラクティブデザインの骨組みについて1.-課題の説明-]
課題の内容および課題に関連する内容として、インタラクションを発生させるしかけ(仕組み)の発想について説明する。
グループによる課題を課す 課題の説明用紙
6 6 [インタラクティブデザインの骨組みについて2.-ゲーム制作ミニワークショップ-]
インタラクションを生み出す考え方を簡単なゲーム作りをミニワークショップ形式で行う。
授業後の小課題を課す 小課題の用紙
7 7 [〝アフォーダンス〟について]
様々なインタラクションを促す「アフォーダンス」という概念について説明する。
授業後の小課題を課す 小課題の用紙
8 8 [課題の講評・まとめ]
第6〜7回で提出した小課題、第5回で説明した課題の提出及び講評を行う。
授業後の復習、自身でのリサーチ
授業評価詳細情報
到達目標及び観点/Learning Goal and Specific Behavioral Viewpoints
No. 到達目標
/Learning Goal
知識・理解
/Knowledge & Undestanding
技能・表現
/Skills & Expressions
思考・判断
/Thoughts & Decisions
伝達・コミュニケーション
/Communication
協働
/Cooperative Attitude
1 デザインにおける〝インタラクション性〟について学ぶ。
2 インタラクティブコンテンツをデザインするための思考力を養う。
3 インタラクティブな仕組みについての理解を深める。
成績評価方法と基準/Evaluation of Achievement
※出席は2/3以上で評価対象となります。
No. 到達目標
/Learning Goal
定期試験
/Exam.
課題 学習態度(出欠含む)
1 デザインにおける〝インタラクション性〟について学ぶ。
2 インタラクティブコンテンツをデザインするための思考力を養う。
3 インタラクティブな仕組みについての理解を深める。
評価割合(%)
/Allocation of Marks
80 20

科目一覧へ戻る