附属施設・教育研究組織

地域創造戦略センター

企業の方々、行政の方々、地域の方々には、それぞれの課題があり、その解決に向けて精力的に活動されていることと思います。地域創造戦略センターは、大学に集積された知識、情報、ノウハウなどを活用し、教員だけでなく学生とも協働して、皆様の課題を解決することで、持続可能な社会の創造を推進するための拠点です。


メッセージ

魅力に満ちた地域を創造するために

 社会に対する大学のかかわりは、社会還元、社会貢献、社会連携と言葉を変え、「あるべき地域社会を共に創っていく」という段階に移っています。
 このような流れを受けて、岡山県立大学は、社会連携を担う組織を集約し、産学連携、地域連携、社会連携教育、ボランティアの4つの部門を持つ、地域創造戦略センターを新たに設置しました。
 機構からセンターへの改組は、縦割り的であった連携活動の垣根を無くし、多様化、複合化していく地域の課題に対して、迅速かつ戦略的に対応することを目的としています。
 皆さん、我々と心と力を合わせて、魅力に満ちた地域を創造していきましょう!

 
 
 

佐藤センター長 顔写真
地域創造戦略センター
センター長 佐藤 洋一郎

組織図
地域創造戦略センターは、本学教員・学生と地域との橋渡しとなり、研究面の相談・サポートや情報発信、地域課題の解決等を行って
います。同センターは、4部門で構成し、それぞれの機能を果たしながら研究と社会貢献のレベルアップに努め、地域の皆様のご期待
に応えていきます。
組織図

部門紹介

  • 産学官連携部門
  • 地域連携部門
  • 社会連携教育推進部門
  • ボランティア部門

産学官連携部門

共同研究、受託研究、技術指導などの相談をお受けします。

本学の研究・技術シーズを積極的に情報公開し、産学官連携の窓口として、技術相談、研究展示会、共同研究、受託研究など以下の事業を展開しています。
 

(1)技術相談
産学官連携部門では、地域の企業を中心とした様々な課題についてコーディ
ネータがご相談に対応し、ニーズに沿った専門の教員の紹介など、課題解決につ
いて支援をさせていただきます。

(2)アクティブ・ラボ(出前研究室)
教員とコーディネータが企業・団体を訪問し、情報交換や技術相談を行います。
 

(3)共同研究/受託研究
・共同研究 企業と本学の教員が、共通の課題について共同で研究を行います。
・受託研究 本学の教員が、企業等から委託を受けて研究を行います。 
 
 

技術相談の様子
技術相談の様子

手続きの流れ

手続きの流れ


■OPUフォーラム
本学の研究の紹介と地域の方々との交流促進を目的に、毎年開学記念日の5月29日前後に開催しています。

特別講演の様子

展示会場の様子

研究発表の様子

特別講演の様子

展示会場の様子

研究発表の様子

 

 

さらに詳しい情報はこちら      

 

地域創造戦略センターリーフレット

地域創造戦略センターリーフレット

※添付のPDFを印刷する場合は、A3用紙に「両面/短辺とじ」で印刷し、二つ折りしてください

地域連携部門

教員・学生と一緒に地域課題を解決します。
 
本学の基本方針の1つである「戦略的な地域貢献の取組の推進」を実現するために、包括協定を締結している総社市、笠岡市、備前市、真庭市、赤磐市、岡山市を中心として、各種事業を展開しています。  
 

tiiki_01

tiiki_02

tiiki_03

親子で学ぶプログラミング教室

歩得食得元気なからだ教室(調理実習)

真庭市木工事業者のための屋台デザイン

 


これまでの保健福祉推進センター事業を統合し、各種研究会・子育てカレッジ事業を通して地域の人々の健康づくりや福祉の増進にも積極的に関わっています。
 

tiiki_04

tiiki_05

tiiki_06

親子で楽しむ音楽会

保育ステップアップ講座

被災した子供の安全・安心な居場所の提供

 

 

地域創造戦略センターリーフレット

地域創造戦略センターリーフレット

※添付のPDFを印刷する場合は、A3用紙に「両面/短辺とじ」で印刷し、二つ折りしてください

社会連携教育推進部門

社会連携を通して、大学での学びの幅を拡げます。

地域課題に取り組むことで社会に対する視野を広げ、柔軟な発想力や応用力を養うことを目的とした副専攻「岡山創生学」の学習をサポートし、専門科目を補完するだけでなく、大学での学びの幅を拡げることに取り組んでいます。
 

社会連携要論

社会とつながる取り組みを学ぶ
(社会連携要論)
 

 

地域創生実践論

グループワークを通して
協働へのアプローチを学ぶ
(地域創生実践論)


地域創生演習


地域課題に向き合い学ぶ「地域創生推進士」の称号
副専攻で定められた所定の単位を修得し、地域創造戦略センターが認定する公開イベント等でのプレゼンテーションを行うなど、高い評価を受けた学生に「地域創生推進士」の称号を授与しています。

地域創生推進士
 

地域創造戦略センターリーフレット

地域創造戦略センターリーフレット

※添付のPDFを印刷する場合は、A3用紙に「両面/短辺とじ」で印刷し、二つ折りしてください

ボランティア部門

学生のボランティア活動を支援します。

各団体からご案内いただいたボランティア情報を学生に紹介したり、ボランティア研修会を行い、活動の心構えを学ぶ講義や、取り組みを発表する場などを通して、学生の主体的なボランティア活動をサポートしています。

ボランティア研修会の様子

災害ボランティア入門編

災害ボランティア入門編
 

 

平成30年度西日本豪雨災害に対する本学の取り組みの発表

平成30年度西日本豪雨災害に対する
本学の取り組みの発表

ボランティア情報案内の申し込み

本学の学生にボランティア情報を案内したい団体は、下記の流れでお申し込みください。学内情報発信ツールにて、全学生へ情報を案内します。なお、ボランティア情報の案内は、学生の参加を保証するものではないことをご了承ください。
 

 

1

 


まず、ボランティア情報の取扱いに関するガイドラインをご確認ください。
 

● ボランティア情報の取扱いに関するガイドライン
 

 

2

 


ボランティア募集依頼申込書と新しい生活様式チェックリストをダウンロードし、記入してください。
 

● ボランティア募集依頼申込書  ● 新しい生活様式チェックリスト
 

 

3

 


ボランティア募集依頼申込書と新しい生活様式チェックリストを下記アドレスにお送りください。
E-mail coc_volunteer★oka-pu.ac.jp (★を@に変えてメールを送信してください)
・件名を「ボランティア募集依頼申込」としてください。
・活動案内のチラシなどがありましたら、一緒にお送りください。
 

 

4

 


お申込みいただいた申請書をもとに、ボランティア部門で内容を確認し、学内情報発信ツールにて、全学生へ情報を案内します。

※ボランティア情報の案内は、学生の参加を保証するものではないことをご了承ください。
 

 

3

 


活動終了後は、原則1週間以内に活動報告書をメールにてお送りください。

● ボランティア活動報告書
 

 

地域創造戦略センターリーフレット

地域創造戦略センターリーフレット

※添付のPDFを印刷する場合は、A3用紙に「両面/短辺とじ」で印刷し、二つ折りしてください

お知らせ