附属施設・附属機関

地域連携推進センター

少子高齢化をはじめとする地域の諸課題について「教育」「研究」「地域貢献」の3つの側面から取組み、学生及び教員が地域と一体になって新しい社会貢献を創生する。
岡山県立大学では、学生が地域の様々な取組に参加する「地域で学ぶ新しい教育」を導入するとともに、取組において本学の研究シーズなどを地域に還元する。

メッセージ

連携範囲の拡大、活動内容の多様化に対応するために、これまで地域連携を担ってまいりました「福祉・健康まちづくり推進センター」を発展的に解消し、「地域連携推進センター」を新設いたしました。包括協定を締結しております総社市、笠岡市、備前市、真庭市、並びにNPO、企業、他大学との密接な連携のもとに、地域の皆様のニーズと本学の教育に関するシーズや研究に関するシーズとのマッチングをとりつつ、教員、学生一丸となって、地域の活性化ために努力していく所存でございます。どうぞ,よろしくお願いいたします。

地域連携推進センター長 佐藤 洋一郎