附属施設・教育研究組織

概要

グローバルラーニングセンター

グローバルラーニングセンターの前身である国際交流センターは、本学の国際交流の推進を目的に平成26年10月に開設され、国際交流を促進する役目を果たしました。その後を引き継ぎ、英語をコミュニケーションツールとして駆使できるグローバル人材の育成に重点を置く新しい組織であるグローバルラーニングセンターとし て、令和2年4月に新しく生まれ変わりました。
 

グローバルラーニングセンターでは、正課内の語学教育プログラムを補完する正課外プログラムによるアプローチで、英語をコミュニケーションツールとして駆使できる能力を高め、またグローバルな研究活動を通じて実践的な英語力を高めるためのグローバル化教育を推進します。
 

グローバルラーニングセンターの役目

グローバルラーニングセンターではグローバル教育Gr.、グローバル研究Gr.、そしてGLC管理Gr.の3本の柱により、英語をコミュニケーションツールとして駆使できる能力を育成することを図りながら、グローバル化教育を支援します。

 

グローバル教育Gr.では、正課外活動としての英語教育を中心として、英会話カフェ、英語朗読会、岡山英語自慢大会、岡山アウトリーチプログラムなどの活動を通じて、異文化コミュニケーション力の向上と、国際的に通用する英語力を養うプログラムを提供します。

 

グローバル研究Gr.では、研究者の派遣や受け入れ、国際共同プロジェクトの取り組み、海外インターンシップの実施、国際共同研究のための外部資金獲得などの活動を通じて、グローバルな研究活動を積極的に支援していきます。

 

また、GLC管理Gr.では、グローバル教育とグローバル研究を推進するための環境整備、大学間・部局間協定に関すること、広報や危機管理に関する支援体制をとり、岡山県立大学の学生はもとより、教職員そして、地域のグローバル化をもターゲットとして推進していきます。

 

GLC組織図

グローバルラーニングセンター施設の概要

グローバルラーニングセンターでの活動は、岡山県立大学同窓会館(2013年)で主に行われている。

 

グローバルラーニングセンター外観

 

全長26.5m、直径8m(平均)、延べ床面積:188平米の「鼓」型、HPシェル形状の木造モノコック構造で建てられた建造物。
設計者:岩本弘光(元岡山県立大学デザイン学部教授)、施工:あらい建設