附属施設・附属機関

概要

国際化・高度情報化社会を切り拓く英語を身につける

語学教育推進室では、学生が使える英語を修得できるように様々な支援体制を整えています。学内LANを利用した英語の自主学習がいつでもどこでも可能です。

多読学習の支援

多読学習のための書籍を多数取り揃えています。
絵本から本格的なペーパーバックにいたるまでレベルも種類も豊富です。
ティーチング・アシスタントがレベルに応じた書籍の選び方などの相談にも応じてくれます。
貸出期間は1人1冊2週間となっています。

eラーニング支援、英語学習教材等

eラーニング

ELP1-6では授業外学習として、様々なeラーニングを課していますが、その学習支援、管理などを行っています。また、演習室の機器操作やOPEN VOICEのスピーキングテストを実施しています。

英語学習教材等

語学教育推進室では、語学のラジオ番組等を聞くことができます。また、毎週発刊の日本語解説付き英字新聞を読むこともできます。

ティーチング・アシスタントによるスピーキング指導

英語を学ぶ中で、担当教員以外にも、学習方法についての相談や英会話などに応じてくれるティーチング・アシスタントが月曜日から木曜日まで常駐しています。

イベント

外国語学習のための映画鑑賞会(国際交流センター共催)

年に数回、外国語映画の鑑賞会を開きます。

耳から外国語の音声を聞き入れながら、字幕を読んで理解することができます。

「スピーカーズ・コーナー」の開催

学生による外国語(英語、韓国語、ドイツ語など)でのプレゼンテーションを11月の学祭イベントで開催しています。
題材は自由です。出場者には必要に応じて教員がサポートします。

各種資格試験対策の支援

資格試験対策教材

英検・TOEIC L&R・TOEFL・日本語検定などの各種検定試験の対策に利用できる教材を用意しています。また、希望者にはTOEIC L&Rの模擬試験を行っています。 

TOEIC L&R IP(TOEIC団体特別受験制度)

年3回(例年5月、7月、2月)学内で実施します。随時、語学教育推進室付近及びその他の掲示板で申込要領、日時・場所をお知らせします。

休暇中の語学教育推進室の利用

夏季・春季休暇中も、TOEIC L&R対策などの自主学習のために語学教育推進室を開放しています。

ニューズレター(WeLL+)発行

語学教育推進室では、毎年4月と10月の年2回、ニューズレターを発行しています。
語学学習の方法や語学研修の体験記事、語学担当教員のコラム、語学教育推進室主催の行事や資格検定試験実施の案内などを掲載しています。
バックナンバーはこちら
WeLL+バックナンバー
№10
№11
№12
№13
№14