学生生活

学生相談室

本学では、心や身体の健康、友人関係、進路の相談など学生生活についての心配や悩みを聞く学生相談室を設置しており、専門のカウンセラーが相談に応じています。もちろん相談内容などの秘密は守りますので、どんなことでも気軽に相談してください。
 
こんなときに

利用方法

「はっとりん」の面談予約でご予約ください。
学生相談室または保健室に電話でご予約ください。
  学生相談室 保健室(本部棟)
  TEL.0866-94-2401(開室時間のみ)
  TEL.0866-94-9107(9:00 ~ 17:00)
開室時間に直接来室されてもかまいません。

相談日

   曜 日    時 間    相談カウンセラー

月曜日

[第1・2・4Q] 14:30~16:30
[第3Q]     17:00~18:30

周防 美智子(保健福祉学部准教授)

火曜日  10:00~14:00 津川 美智子(学外カウンセラー)
 15:00~17:30 井上 幸子 (保健福祉学部准教授)
水曜日    9:30~13:30 斉藤 弘美 (学外カウンセラー)
 14:00~18:30 疋田 基道 (学外カウンセラー)
木曜日    8:45~12:15 疋田 基道 (学外カウンセラー)
金曜日  12:00~16:00 津川 美智子(学外カウンセラー)
16:30~18:30 ※第1、第2金曜日のみ 京林 由季子(保健福祉学部准教授)  

場所

学部共通棟(西)1階(5131室)

  オフィスアワー制度

教員が学生のために訪問時間帯を設けて研究室に待機し、授業等の疑問点や個人的な悩みなどの相談を受ける制度です。
待機する教員の氏名や時間帯など詳細は決まり次第シラバス上で情報提供されますので注意してください。

 アドバイザー制度

学生には、それぞれアドバイザー教員がついており、進路や学業などの相談を受けています。
アドバイザー教員とその担当する学生は,入学式後の各学科等のオリエンテーションで発表されます。
※アドバイザー教員は、学科によっては「ガイダンスグループ」、「学内担当」、「クラス担任」といった名称で呼んでいます。
・詳細はこちらをご覧ください。

 学生支援室

  ボランティア活動や障がいのある学生の支援、学内のバリアフリー環境の点検・改善をおこなうため、学生支援室を設置し、学生の支援を行っています。

  障がいを理由とする差別の解消に向けた本学の取組(原稿執筆:情報工学部 人間情報工学科 齋藤誠二 准教授)が「平成30年版障害者白書」(内閣府)で紹介されました。
   障害者差別解消に関する取組事例(岡山県立大学)
   平成30年版 障害者白書(内閣府)

学生支援室についてはこちら