学生生活

年度初めの手続き

履修登録

 4月にその年度に履修しようとする科目を、指定された期日までに登録します。
 また、各クォーターの初めに履修登録内容の修正も可能です。
 詳しくは「履修案内」に記載しています。

通学定期券

 JR等の通学定期券を購入する場合には、「通学証明書」(有効期間:発行日から1ヶ月)が必要です。
 通学証明書は教学課学生支援班で発行しますが、交付は、受付日から2日後(土、日、祝日を除く)以降となりますのでご注意ください。
【発売条件】
 J R では居住地最寄駅と学校最寄駅との間を通学する場合に、通学証明書と引き換えに通学定期券( 以後、「定期券」という。)を発売しています。アルバイト等、通学以外には通学用の定期券は購入できませんので注意してください。
【発売日】
 J R では定期券を、原則として有効期間の開始日の1 4 日前から購入することができます。
【通学証明書の発行】
 通学証明書は教学課学生支援班で発行します。
 通学証明書の交付は受付日から2 日( 土・日・祝日を除く) 以降となりますので余裕をもって手続きをしてください。

通学用

〈新規購入〉
・JRの窓口で新年度(4月以降)になって初めて定期券を購入する際は、通学証明書が必要です。教学課学生支援班で通学証明書の交付の手続きをしてください。
〈継続購入〉
・上記により新規購入後、その年度内に定期券を購入する場合は、旧定期券をJRの窓口で提示することにより継続購入することができますので、通学証明書は必要ありません。
【注意】年度が替わると旧定期券の提示では新しい定期券の購入はできないため、通学証明書が必要となります。
・ただし、以下の場合は年度内でも継続購入ができないため、通学証明書が必要となります。
 ①旧定期券の期限日から2ヶ月以上経過後に定期券を購入する場合
 ②住所、氏名、乗車区間等に変更があった場合

実習用

・大学所在地と異なる場所に実習に行く学生が、実習用通学定期乗車券の購習入をする際には、実習用の通学証明書が必要となります。
・通学用の通学証明書発行に比べて事務手続き(郵送によりJRの承諾を得る)に時間が掛かりますので、実習開始日の概ね1ヶ月前に申請をしてください。

不正使用について

 通学定期券や学割証を不正使用した場合は、本人が多額の追徴金を徴収されるだけでなく、大学全体が発行停止の処置を受け、他の全ての学生に迷惑が掛かることになります。自分の行動に責任を持ち、適正に使用してください。

自動車通学者の駐車許可

 自動車で通学し学内駐車場を利用する場合は、「駐車許可証」の交付を受ける必要がありますので、教学課学生支援班窓口で手続きをしてください。なお、学生の駐車場所については指定場所がありますので注意してください。

ロッカーの貸出

 ロッカーの貸出を希望する学生は、指定された期日までに、教学課学生支援班へ「物品無償貸付申請書」を提出してください。期日については、掲示板に掲示します。
 ロッカーの鍵を紛失した場合は、実費を負担していただきます。
 なお、ロッカーには財布等の貴重品は絶対に入れないでください。
[注意]
・2年次生から3年次生になるとき、ロッカーの場所が変わります。
・学内掲示で変更についてお知らせしますので注意してください。
(ただし、保健福祉学部の男子学生と人間情報工学科の学生を除く

奨学金

独立行政法人 日本学生支援機構の奨学金

 入学前に予約奨学生として採用されていた学生は、教学課学生支援班へ「平成29年度大学奨学生採用候補者決定通知(進学先提出用)」を提出し、パスワードを入手してインターネットで進学届を提出してください。なお、「平成29年度入学時特別増額貸与奨学生候補者決定通知」が出ている学生は、「国民政策金融公庫の教育ローンが利用できなかったことについて(申告)」等の提出も必要な場合があります。
 また、定期採用(新規)の申請を希望する学生は、4月12日(水)(対象:大学学部生、大学院生)に説明会を開催しますので掲示に注意してください

その他の奨学金

 市町村、財団法人、医療機関等から大学へ募集のあった奨学金については、随時、掲示板でお知らせします。
 募集は通年ありますが、主に4~6月に集中しますので、掲示板を確認し、希望者は早めに教学課学生支援班へ申し出てください。

住所変更届

 住所に変更があった場合は、変更届を提出しなければいけません。特に新入生は入学手続き後、アパート等に引越しした場合は必ず住所変更届を提出してください。