2022年3月23日一般情報

令和3年度 活動紹介

令和3年度の活動内容を紹介します。

海外インターンシッププログラム「TMAC Design Workshop 2022」をオンライン開催しました

実施日2022年2月21日(月)~3月4日(金)
場所Zoom(オンライン開催)
概要2022年2月21日(月)から3月4日(金)の2週間の日程でオンライン開催された海外インターンシッププログラムに、本学から6名の学生が参加しました。本プログラムはTMAC Design Workshopとして開催されている設計ワークショップで、今年が8回目の開催となります。今年度のテーマは、感染症予防のための製品企画を議論し、そのアイデアをCADでモデリングするところまでを行いました。マレーシア、インドネシア、日本の大学が共催し、総勢60名の学生が参加して行われました。

プログラムロゴ プログラムロゴ

学生ワークショップの様子 学生ワークショップの様子

日独シンポジウム「JG-I4S5-2022(Japanese-German Symposium/Workshop to learn Industrie 4.0 and Society 5.0)-Virtual Conference-」を開催しました

日時2022年2月15日(火)~17日(木) 16時00分~20時00分
場所Zoom(オンライン開催)
概要2022年2月15日(火)~17日(木)の3日間の日程で、インダストリー4.0とソサイエティ5.0を学ぶための日独シンポジウム・学生ワークショップを開催しました。ドイツ・ハノーバー応用科学芸術大学と本学との合同実行委員会により企画・運営し、さくらサイエンスプログラムの一環として共同開催したものです。
15日、16日に行われた研究シンポジウムでは、ドイツから8名、本学から8名の研究者が登壇し、インダストリー4.0とソサイエティ5.0に関連する基調講演と、それぞれの研究テーマの発表を行いました。
17日に行われた学生ワークショップでは、ドイツから10名、本学から10名の学生が参加し、将来のスマート社会を見据えて、新しい技術のアイデアについてグループワークを行い、英語によるマーケットプレゼンテーションを行いました。

プログラム

研究シンポジウムの様子 研究シンポジウムの様子

学生ワークショップの様子 学生ワークショップの様子

台湾・国立台南芸術大学教授とのオンライン交流を実施しました!

日時令和4年2月3日(木) 14時30分~15時40分
場所デザイン学部棟3211教室
概要デザイン学部造形デザイン学科授業「造形デザイン領域演習Ⅱb」(担当:島田教授・岡本助教)の学生プレゼンが開催されました。授業課題であるシルクスクリーンプリントパターンデザインプランを、受講する造形デザイン領域生5名が、本学の学術交流協定締結校である国立台南芸術大学の陸先生(テキスタイルデザイン)に遠隔システムにてプラン画像をもとに各自説明し、講評を受けました。参加した学生にとって、より高い質の研究に取り組む良い交流となりました。

オンライン交流