新着情報

[学生・保護者の皆様へ]  緊急学長メッセージ

大型連休に向けて新型コロナウイルス感染症に関する緊急アラート!

 キャンパス内は新緑が映えて、自然の息吹を感じる季節となりました。しかしながら、新型コロナウイルスも同様に元気に活動し、新たな変異株も多数生まれて我々を悩ませ続けています。
 新型コロナウイルスの感染症対策につきまして、日々ご支援・ご協力を賜り感謝いたしております。本学では皆様方のご尽力により、新型コロナウイルス感染症罹患者を出すことなく、今日に至っています。
 さて、連日報道されている通り、全国で感染が急速に拡大しており、岡山県も第4波が到来しステージ3に移行しました。新規感染者数が毎週、前の週からほぼ倍増しており、昨年と異なるのは変異株による急速な感染者増加が認められていることです。変異株は感染力が強く、重症化しやすいと言われています。さらに脅威を感じるのは若者への感染リスクが高いことです。学生の皆様は感染しても重症化しにくいと考えておられるかもしれませんが、感染回復後の後遺症に悩むことも報道されており、軽く考えてはいけません。現在、病床使用率が、切迫度が最も高い「ステージ4」の指標(50%以上)を上回っており、このままでは感染しても入院できず治療が受けられなくなります。
 これらの状況に鑑み、岡山県全域に「新型コロナウイルス感染症拡大予防のための協力要請」がなされました。期間は4月26日~5月16日までです。学生の皆様は下記のことに留意してください。


大切な家族の命を守るためにも他人との接触を現状の5割に減らすこと。
夜間の不要不急の外出(飲酒を伴う会食等)の自粛。
県をまたぐ移動、特に緊急事態宣言地域まん延防止等重点措置区域との不要不急の往来は避ける。
「新しい生活様式」の実践の徹底。
発熱・倦怠感・味覚消失・下痢などの体調不良が認められた場合は早めに病院で受診すると共に指導教員又は保健室に届け出て大学からの指示を仰ぐ。
 

 一年生の方は高校時代とは異なる大学生活で、しかもコロナ禍で満足な環境が得られないために何かと悩まれるかもしれませんが、遠慮なく教職員に相談してください。「大学で学ぶ」の私の講義を思い出してください。雑草を見ると元気がでます。また、関西圏から通学している場合、対面型とオンライン型との授業形態を上手に利用できるように担当教員と相談してください。なお、正課外活動の制限については「はっとりん掲示板」で確認してください。
 大型連休中は季節的にも心が開放され、帰省を含め知人と接触する機会も多くなると想像されます。皆様ご自身が自重されることにより多くの方がそして社会が救われます。第4波を乗り切って笑顔があふれるキャンパスに戻しましょう。ご協力をお願い致します。

  令和3年4月28日

 

岡山県立大学 学長  沖 陽子