県大ニュース

塚本非常勤特任教授(デザイン工学科)が デザインを担当した「Drapé」が「炎芸術 143号」に掲載されています

塚本非常勤特任教授(デザイン工学科)が デザインを担当した「Drapé」が陶芸専門誌「炎芸術 143号」に掲載されています。
書影 書籍紹介 
『炎芸術 143号』
  • 「見て・買って・作って・陶芸を楽しむ」陶芸専門誌
  • 日本語/A4変型判 縦283mm 横210mm 厚さ10mm 160ページ
  • 発行元 :阿部出版
  • ISBN:9784872426182
  • 発売日:2020年8月1日
「Drapé」(ドラーペ)
2019年の新ブランド「Sasiiro(瀧住電機工業株式会社)」立ち上げと、その第一弾フラッグシップ製品として、有田地方の「ホワイトブルー」と呼ばれる透過度の高い特殊な磁器を用い、約1.5ミリという薄さで最大で約400ミリ高さのあるシェードを作成しました。
産地が不得意としているところの多いクラフト的な手法とコンピューテーショナルデザインの融和を敢えて敢行し、株式会社アプリクラフトと佐賀県窯業技術センターにも協力いただき制作した実験的作品です。
電気による灯りが普及して以来、わが国の都市部ではどこも明るく照らそうとしてきたきらいがあります。そこで「闇」について考え、明るい部分以外が闇に溶けていくような照明器具を作ろうと試みた製品です。

詳細な製品紹介⇒ http://kanaedesignlabo.com/products/2019/07/drape.html

■塚本カナエ
 デザイン学部デザイン工学科 非常勤特任教授