新着情報

『建築家・浦辺鎮太郎の仕事 倉敷から世界へ、工芸からまちづくりへ』展示会において、デザイン工学科学生が制作した模型が展示されます

『建築家・浦辺鎮太郎の仕事 倉敷から世界へ、工芸からまちづくりへ』展示会
2019年10月26日(土)から12月22日(日) 倉敷アイビースクエア アイビー会館
2020年11月14日(土)から12月12日(土) 横浜赤レンガ倉庫

岡山県出身の建築家・浦辺鎮太郎の生誕110年を記念して『建築家・浦辺鎮太郎の仕事 倉敷から世界へ、工芸からまちづくりへ』が、倉敷アイビースクエア内のアイビー学館にて開催されます。倉敷アイビースクエアは浦辺の代表作のひとつであり、本学学生によって制作された建築模型が展示されます。
図録紹介

学生が手掛けた模型が収録された展示会図録は2019年10月20日発行。福濱嘉宏教授の作品解説とコラムも掲載されています。
書影

『建築家 浦辺鎮太郎の仕事 倉敷から世界へ、工芸からまちづくりへ』

浦辺鎮太郎建築展実行委員会 監修/松隈 洋・笠原一人・西村清是 編著

 B5変判・320頁・本体3600円+税
ISBN 978-4-7615-3252-9
発行 2019/10/20
装丁 木村幸央