新着情報

「現代日本陶芸のデザインと技法2019」「東京藝大×中四国大学 学生陶芸作品展」(平成31年1月13日~2月3日)のお知らせ

現代日本陶芸のデザインと技法2019

陶芸家が自らのデザインと技法を、4年かけてWebサイト「現代日本のデザインと技法2016~2019」に公開し、そのグランドフィナーレとして瀬戸内市立美術館で作品を展示するものです。
この展覧会では通常の印刷図録ではなく、ウェブサイトをスマートフォンで検索しながら鑑賞します。
 出品者:デザイン学部 久保田厚子教授、真世土マウ准教授、作元朋子講師

オープニングセレモニー

  日時:1月13日(日曜日) 午後11時~(約30分)
  事前申込は不要です

作家によるギャラリートーク

  日時:1月13日(日曜日) 午前9時~午後3時(随時)
  事前申込は不要です

東京藝大×中四国大学 学生陶芸作品展

東京藝術大学と中四国地域の大学生の陶芸作品及び過去から現在の卒業制作修了制作を一堂に展示する作品展です。
公立美術館では初の試みです。
本学学生の作品も出品していますので、ぜひ、お立ち寄りください。

日時 平成31年1月13日(日)~ 2月3日(日)
場所 瀬戸内市立美術館 3階・4階展示室
開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 毎週月曜日(1月14日(月・祝)開館、1月15日(火)休館)
観覧料 一般400円、中学生以下無料(団体割引あり)
*3階展示室の「東京藝大×中四国大学 学生陶芸作品展」については無料です。

ワークショップ「陶芸であそぼう」

小さな陶器(20グラム程度のクリーマーやままごとセットなど)を1日で釉薬掛けまで行い、美術館にある実験用陶芸窯で翌日までに焼成します。
作品は、展覧会最終日まで会場に展示し、その後、個別に郵送します。
本学久保田厚子教授が発案した「指つくり」技法が体験できます。

開催日 1月13日(日曜日)※、14日(月曜・祝日)、19日(土曜日)、20日(日曜日)、
 27日(日曜日)、 2月2日(土曜日)
時間 午前11時~(約3時間) ※1月13日(日曜日)のみ、午前10時から開始
 11時~手びねり成形(約30分)
 13時~絵付け釉薬掛け(約30分)
場所 3階研修室
参加費 作品送料510円(レターパックプラス)、観覧料
定員 毎回10名以内
*事前申し込みが必要です。準備物は不要です。
申込先 瀬戸内市立美術館
TEL.(0869)34-3130 


現代日本陶芸のデザインと技法 ちらし表(683KB) 現代日本陶芸のデザインと技法 ちらし裏(48KB)