附属施設・教育研究組織のお知らせ

畠研究室(建築学科)が設計した「sense TSUYAMA(旧津山市立東幼稚園プロジェクト)」が令和3年度「津山市景観賞(建築物部門)」を受賞

本学デザイン学部建築学科の畠和宏研究室が設計した「sense TSUYAMA(旧津山市立東幼稚園プロジェクト」が、令和3年度「津山市景観賞(建築物部門)」を受賞しました。

「sense TSUYAMA(旧津山市立東幼稚園プロジェクト)」は、津山市における公立幼稚園・保育所の統廃合により閉園となった旧幼稚園舎を複合施設へと転用するリノベーションプロジェクトです。改修工事は大半が自主施工で行われ、子どもたちや地域住民もワークショップ形式で参加しました。畠研究室が事業の企画段階から関わり、施設の全体計画や外観デザイン、エントランス・中庭と施設の核となる飲食店舗(kitchen hitotogohan)の設計のほか、研究室でデザインした木製什器全般の施工を担当しました。

作品画像

■ sense TSUYAMA(旧津山市立東幼稚園プロジェクト)
プロジェクトメンバー
畠研究室(小林弘樹、内田彩寧*、河田達希*、淡中潤子*、片寄眞穂、兼田久弓、新間敬秀、中谷阿未、馬野茉由、洲脇悠人、濱野颯良)
+本学学生・卒業生有志 (*は卒業生)

担当教員:デザイン学部 建築学科 助教 畠 和宏