新着情報

本学教員(看護学科)が第26回日本緩和医療学会学術大会にて、優秀演題として表彰されました

第26回日本緩和医療学会学術大会にて、本学保健福祉学部看護学科 名越恵美准教授が発表した「外来化学療法を受けるがん患者の療養生活への影響」が、「痛み以外の身体症状」分野において優秀演題として表彰されました。

第26回日本緩和医療学会学術大会 優秀演題

画像素材
「外来化学療法を受けるがん患者の療養生活への影響」


 第26回日本緩和医療学会学術大会
 会期:2021年6月18日~19日
 会場:パシフィコ横浜(ハイブリッド開催)