県大ニュース

本学学生(デザイン工学科)4名が「石巻の空き家を活用したビジネスモデルコンペティション」において優秀賞を受賞

「石巻の空き家を活用した設計&ビジネスモデルコンペティション」において、本学デザイン学部 デザイン工学科 建築・都市デザイン領域の3年生4名による作品がビジネスモデルコンペティション部門の優秀賞を受賞しました。

ハーマンミラージャパン株式会社が主催する「石巻の空き家を活用した設計&ビジネスモデルコンペティション」は、COVID-19によって時間的・空間的な働き方が大きく変化し、遠方のサードプレイスに滞在しながら働く「遠方・長時間」型の滞在型サテライトワークの可能性の高まりを受け、石巻ならではの豊かな自然、食、文化、そして人との関わりを活かしたサードプレイスで、豊かなワーク&ライフスタイルを実現するためのアイデアを募集したものです。
 

「石巻の空き家を活用したビジネスモデルコンペティション」優秀賞

作品名「石巻金華シェフプロジェクト」
石巻に1年制の料理学校「金華シェフスクール」を新設するプロジェクト。
3年間の研修プログラムにより料理人(金華シェフ)を育成し、石巻を〝食の街”に
コンペ作品
 

 ■ デザイン学部 デザイン工学科 建築・都市デザイン領域 畠研究室
   片寄 眞穂、兼田 久弓、新間 敬秀、中谷 阿未


【指導教員】
 デザイン学部 デザイン工学科 助教 畠 和宏
  専門分野:建築計画、建築設計