新着情報

高吉先生(デザイン工学科)が共同設計した「HOSOO FLAGSHIP STORE」が「日本空間デザイン賞2020」大規模商業空間(又は、複合施設空間)部門で 銀賞 を受賞

デザイン学部デザイン工学科の高吉輝樹非常勤講師がHOSOO architectsと共同設計した「HOSOO FLAGSHIP STORE」(建築作品)が「日本空間デザイン賞2020」大規模商業空間(又は、複合施設空間)部門で 銀賞  を受賞しました。

日本空間デザイン賞は、空間デザインの価値を未来へ繋ぐために日本空間デザイン協会(DSA)と日本商環境デザイン協会(JCD)によって設立された日本最大級のデザインアワードです。

日本空間デザイン賞 大規模商業空間(又は、複合施設空間)部門 銀賞

作品名  HOSOO FLAGSHIP STORE
設計者  細尾直久(HOSOO architecture)+高吉輝樹(TT Architects)

 

設計趣旨

京都の旧市街地に立地する昭和40年代に建てられた本社社屋を、既存の構造を耐震改修し積極的に手を加えることで、染織・きもの文化を発信する拠点に変化させた。伝統的な景観が期待される街区において、記号的なかたちによってではなく、黒漆喰や金箔、版築塀といった、京都において伝統的に使われれてきたマテリアルそのものの質感によって、歴史の継承を表現することを考えた。
作品概要1

 
2
 


施工者:(株)あめりか屋、分離発注による直営で実施
写真:藤塚光政
所在地:京都市中京区両替町姉小路下る柿本町412番、401番1
建築構造:鉄筋コンクリート造5階建て
高さ:21.53m
敷地面積:839.65㎡
建築面積:457.99㎡
延床面積:2,178.85㎡



■高吉 輝樹
 デザイン学部デザイン工学科 非常勤講師