新着情報

高林健人 助教(情報通信工学科)がThe 33rd General Assembly and Scientific Symposium of the International Union of Radio Science (URSI GASS 2020) にてYoung Scientists Awardを受賞

本学 情報工学部 情報通信工学科 高林健人 助教が国際電波科学連合 (URSI) 主催の国際シンポジウム、The 33rd General Assembly and Scientific Symposium of the International Union of Radio Science (URSI GASS 2020) にてYoung Scientists Awardを受賞しました。本賞は電磁波に関連する学際的な研究において、革新的な貢献及び発見を行った35歳以下の若手研究者を対象に表彰されるものです。

高林助教は研究題目「A Study on SmartBAN Physical Layer Applying Multi-Level PSK Modulation」において、医療・ヘルスケア向けIoT (Internet of Medical Things: IoMT) を実現するためのコア技術である無線ボディエリアネットワークの国際標準規格の一つとして、現在改定作業が行われているSmart Body Area Network (SmartBAN) の物理層の高速化に関する基礎検討を行い、その成果及びこれまでの研究実績が評価され授与されました。

The 33rd General Assembly and Scientific Symposium of the International Union of Radio Science (URSI GASS 2020) - Young Scientists Award

受賞題目:「A Study on SmartBAN Physical Layer Applying Multi-Level PSK Modulation」
■ 高林健人 (情報工学部 情報通信工学科 助教)