イベント

講義「美の哲学」|オンライン 特別講義 “「美とは何か」の問い ”

2021年3月6日(土)に開催される今道友信記念文庫 カロノロジー会が開催する講義「美の哲学」の講師を樋笠 勝士教授(岡山県立大学デザイン学部)が務めます。

講義「Calonologia 美の哲学」

<概要>
今道友信は「美は存在を超えた最高の価値」であると語る。
その「美」とは何か。
講義「Calonologia=美の哲学」は、「美とは何か」を、ギリシャ哲学の源流から問うていきます。それは、真善美の三価値の中枢である「美」の価値理念の思索であり、また美と存在の思索でもあり、形而上学や倫理学と一体となった思索です。美の思索は感性的認識や芸術にも及び、哲学的美学、美を愛する学、「美」の探求となります。(カロノロジー会M.K.)
日時 2021年3月6日(土) 14:00-16:00
内容  オンライン特別講義 “「美とは何か」の問い ”

≪講師≫樋笠勝士(ひかさ・かつし)
今道友信に師事。東京大学大学院人文科学研究科博士課程。神田外語大学教授、上智大学教授を経て、現在、岡山県立大学教授。専門:美学芸術学、西洋古代中世哲学、記号論。
対象者 学部学生、美学哲学関連を研究する院生、一般
参加料 1000円
(岡山県立大学学生は無料。申し込み時に所属や学籍番号を申告)
お申込み 要予約 受付期間1/10~2/27  
下記へメールにて受付(お名前、メールアドレス、使用デバイス、学生である場合はその旨を記載)
calonologia.res●gmail.com(●を@に変更して送信してください)
お問合せ先 今道友信記念文庫カロノロジー会
calonologia2020●gmail.com(●を@に変更して送信してください)

イベント