大学案内

デザイン学部の学生3名が、フェンリル(株)との共同ワークショップにおいて受賞しました。

2019年12月18日に岡山県立大学で開催されたフェンリル(株)との共同ワークショップにおけるデザインプレゼンテーションに対して、本学学生が最優秀賞ほかを受賞しました。

フェンリル(株)との共同ワークショップにおけるデザインプレゼンテーション 最優秀賞

 ■金井 宏樹

  デザイン学部デザイン工学科製品・情報デザイン領域3年
  課題名称: 「在宅高齢者の健康を日用品のマスクで記録しアプリを通して家族に安心を届けるサービスの提案」
  写真_学生受賞_最優秀賞

フェンリル(株)との共同ワークショップにおけるデザインプレゼンテーション 優秀賞

 ■三宅 厚輝

  デザイン学部デザイン工学科製品・情報デザイン領域3年
  「ユーザのメンタル状態を分析し、より生産性を高めるワークスタイルを提案するアプリケーション」
  写真_優秀賞_三宅厚輝 

フェンリル(株)との共同ワークショップにおけるデザインプレゼンテーション アイデア賞

 ■三宅 佐和
  デザイン学部デザイン工学科製品・情報デザイン領域3年
  「感情を制御できなくて後悔している人が自分の感情と向き合う為のメンタルサポートアプリケーション」
  写真_学生受賞_アイデア賞
 



 参加教員
  益岡 了(デザイン学部デザイン工学科准教授)
  尾崎 洋(デザイン学部デザイン工学科講師)
 参加学生 
  デザイン学部デザイン工学科製品・情報デザイン領域3年生