大学案内

学長挨拶

岡山県立大学は、学生のキャリア形成を支援し、深い教養、高い専門性、並びに豊かな人間性を持つ、社会で活躍しうる人材を育成します。

岡山県立大学 学長 辻英明

 

本学は平成5年4月に開学し、現在、保健福祉学部、情報工学部、デザイン学部の3学部から成り立っています。

近年、グローバル化及び少子・高齢化が進展し、我が国を取り巻く状況が大きく変化しています。本学は、こうした社会的変化に的確に応えるため、教育や研究のあり方を絶えず見直し、知的体験学習や双方向型授業の導入、授業方法やその内容をチェックする体制の整備などを行うとともに、教養教育(リベラルアーツ)ならびに英語力のスキルアップ及び異文化の理解力の向上を目指したグローバル教育を充実し、これらを基盤にして保健福祉学、情報工学およびデザイン学に関する専門教育を行っています。

本学は、平成27年度に採択された、地域と連携して地方創生に取り組み、地域で活躍しうる人材育成を行う大学を支援する文部科学省の「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」(COC+事業)を最重点事業として取り組んでいます。この事業は、学生を地域に送り、自治体や地域の皆様と連携して地域の課題について実践的な教育・研究を行い、実践力のある人材を育成する地域連携教育とよぶべき新しい教育システムを提供するとともに、地域づくり、地域における産業の活性化に貢献します。

以上のように、本学の教育システムは教養教育および専門教育、ならびに地域社会と連携した地域連携教育から構成されています。本学は、このような教育システムによって、真に「地域から期待される知の拠点大学」となることを目指しています。

 

岡山県立大学 学長 辻 英明