教育

情報系工学研究科

3つのポリシー

① ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

情報系工学研究科は、情報工学部における学士課程の教育目標の延長線上にその教育目標を置き、情報技術を活用して、人間及び自然との調和を図りながら高度情報化社会の持続的発展に大いに貢献できるグローバル人材の育成を目指しています。
したがって、本研究科では次の能力を身に付け、かつ修了の要件を満たした者に学位を授与します。

● 情報工学とそれに密接に関連する工学について、高度な専門性と技術を身に付けている。
● 得られた知識を融合的に活用して、新たな技術開発・理論展開を持って社会の発展に貢献できる能力を身に付けている。
● 技術者に求められる高い倫理観、多面的な思考力、それらに培われた実行力や行動力を備えたうえで、自身の専門分野でリーダーシップを発揮できる能力を身に付けている。

② カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施の方針)

情報系工学研究科は、学位授与の方針に掲げる人材を育成するため、次のような教育課程を編成しています。

1 システム工学という専攻名のもと、連携性のある教育・研究体制を敷き、個々の学生が望む価値の多様性に対応できるよう、選択科目を多く設けています。
2 博士前期課程では、修士の学位を取得することを目的として、情報工学及びその関連分野である電子情報通信工学、機械情報システム工学、人間情報システム工学の3つの領域を専攻内に設け、研究分野に応じた教育・研究ができるようにしています。
3 博士後期課程では、博士の学位を取得することを目的として、情報工学及びその関連分野である電子情報通信工学、機械情報システム工学、人間情報システム工学の3つの領域を専攻内に設け 、研究分野に応じたより深い教育・研究ができるようにしていま す。
4 カリキュラムは、それぞれの課程のカリキュラム・ポリシーに従って、講義演習科目と特別研究から編成されています。いずれの課程においても教員による活発な議論と研究指導に加え、研究科として、また他研究科とも協力してグローバルな幅広い視野と高い応用や研究スキルを涵養します。

③ アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

情報系工学研究科は、情報工学部における学士課程の教育目標の延長線上にその教育目標を置き、情報技術を活用して、人間及び自然との調和を図りながら高度情報化社会の持続的発展に大いに貢献できるグローバル人材の育成を目指し、博士前期課程と博士後期課程にそれぞれシステム工学専攻を置いています。
したがって、本研究科が求める学生像は次のとおりです。

● 情報処理、情報通信、機械システム、人間工学などの分野において、これらに関する理論や技術を深く修得し、急速に発展する高度技術社会に貢献することに情熱を傾けたい学生
● 現在、情報工学についての知識は十分ではなくとも、今まで培ってきた専門分野に、情報工学関連技術を取り込み活用・発展させようとの希望を抱いている学生
● 急速に進歩し、変化する産業社会からの多様な要請に応えるべく、既存の枠組みにとらわれない総合的かつ先端的な技術を修得し、産業社会に貢献しようとする学生