教育

保健福祉学研究科

3つのポリシー

① ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

保健福祉学研究科は、保健・医療・福祉分野における問題点を提起してそれを解決し得る研究能力を持つとともに、専門職としての高度な知識・技術を身に付けることにより、健康で夢の持てる地域社会の実現に貢献し得る人材の育成を目指しています。
したがって、本研究科では次の能力を身に付け、かつ修了の要件を満たした者に学位を授与します。

● 保健・医療・福祉分野における問題点を発見し、それを理論的に解決できる研究能力を身に付けている。
● 高度な知識と技術を備え、豊かな地域社会の実現に向けて指導者、実践者として活躍できる能力を身に付けている。
● グローバルな視野を持った専門職として国際貢献できる能力を身に付けている。

② カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施の方針)

保健福祉学研究科は、学位授与の方針に掲げる人材を育成するため、次のような教育課程を編成しています。

1 広い視野に立って精深な学識を授け、専攻分野における研究能力とグローバルな視野並びに高度の専門性を要する職業等に必要な能力を養うための博士前期課程と、専攻分野について研究者 として自立して研究活動を行い、又はその他高度に専門的な業務に従事するに必要な研究能力及びその基礎となる豊かな学識並びにグローバルな視野を養うことを目的とした博士後期課程(保健福祉科学専攻)を置いています。

2 博士前期課程は、看護学の理論と技術を修得する組織的な教育研究を行い、看護技術やケアシステムに関連した諸問題を解決できる人材を育成する看護学専攻、栄養学の理論と技術を修得する 組織的な教育研究を行い、食品の機能や臨床栄養などの人の健康に関連した栄養学的な諸問題を解決できる人材を育成する栄養 学専攻及び保健福祉学の理論と技術を修得する組織的な教育研 究を行い、保健福祉に関連した臨床や政策の諸問題を解決できる人材を養成する保健福祉学専攻の3専攻を置いています。

3 博士後期課程は保健福祉科学専攻からなり、看護・栄養・福祉 のそれぞれの分野において高度の見識と、より専門的な視点から科学的にアプローチする研究を行うための3大講座を置いてい ます。

4 カリキュラムは、それぞれの専攻のカリキュラム・ポリシーに従って、講義・演習科目と特別研究から編成しています。

③ アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

保健福祉学研究科は、保健・医療・福祉分野における問題点を提起してそれを解決し得る研究能力を持つとともに、専門職としての高度な知識・技術を身に付けることにより、健康で夢の持てる地域社会の実現に貢献し得る人材の育成を目指しています。
したがって、本研究科が求める学生像は次のとおりです。

● 保健・医療・福祉分野における基本的な問題から応用的な問題を解決し得る国際的な研究者を目指す学生
● 豊かな地域社会の実現に向け、官・民・産を問わず教育、研究機関で活躍する教育者、研究者を目指す学生
● 高度の知識・技術を身に付けた専門職として、社会において指導的な実践者を目指す学生