教育

情報工学部

グローバルな視野で、高度情報化社会の発展に貢献する技術者を育成

 情報を取り巻く環境は加速度的に進化を続けています。
 情報工学は、情報の伝達・認識・処理・利用にかかわるハードウェアとソフトウェア両方の技術の研究開発を行う学問領域です。
 情報通信工学科、情報システム工学科、人間情報工学科の3学科で構成される本学部は、人と社会との調和を図るとともに、高度情報化社会の持続的発展に貢献できる技術者の育成を目指しています。
 共通教育では、学生の多様な価値観とグローバル化に対応するため、幅広い選択科目を開設しています。専門教育では3学科横断型の情報系科目のほか、各学科独自の教育課程を設置するとともに、実験・演習を重視し、課題を工学的に解決するための能力を育むカリキュラムを編成しています。
 さらに、卒業研究では、研究対象に関する深い知識の修得と、問題を解決に導くための計画立案と遂行能力を養います。
 例年、卒業生の約半数がより高度な研究を志し、大学院に進学しています。