教育

デザイン学研究科

3つのポリシー

① ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)       

デザイン学研究科は、グローバルな視野と感性を持ち、社会を的確にとらえ時代の変化を洞察することで、将来予想される問題を優れたデザインの創出により解決し、豊かで新しい便利な生活と文化に寄与できる人材の育成を目指しています。
したがって、本研究科では次の能力を身に付け、かつ修了の要件を満たした者に学位を授与します。
       
● デザインに係る十分な情報分析能力及び理論構築力を身に付けている。
● 独創的で造形性豊かなデザインを発信できる能力を身に付けている。
● グローバルな視野と感覚を持ち、独自の優れた個性を発揮できるデザイン制作能力を身に付けている。
● 高度な専門性とマネジメント力を身に付けている。    

 

② カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施の方針)       

デザイン学研究科は、学位授与の方針に掲げる人材を育成するため、次のような教育課程を編成しています。       
1 グローバルな視野と感性と独創的で造形性豊かなデザインを発信できる能力を身に付けるために、カリキュラムは、専攻及び領域の連携を図るべく編成されており、専攻共通科目、領域科目 に区分しています。
2 専攻共通科目は、両専攻に必要とされる美学・美術史系の科目を中心として編成しており、現代における造形文化を考察し、解明するための視座の獲得を図ります。
3 豊かで新しい便利な生活と文化に寄与できる人材育成のため、領域科目では、所属する領域での高度な専門知識、能力、技術を養う科目により編成しています。
4 各自のテーマに基づき、修士研究を行う上で必要な調査・研究及び作品制作について深く掘り下げて学び、2年間を通じて、修士論文・修士作品に取り組みます。       
       

③ アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)       

デザイン学研究科は、グローバルな視野と感性を持ち、社会を的確にとらえ時代の変化を洞察することで、将来予想される問題を優れたデザインの創出により解決し、豊かで新しい便利な生活と文化に寄与できる人材の育成を目指しています。
したがって、本研究科が求める学生像は次のとおりです。       
● 国際的 な視野と感覚を持ち、独自の優れた個性発揮したデザイン制作に意欲を持つ 学生
● 新しいデザイン領域の開拓やデザイン理論の創出、もの作りに意欲を持つ学生
● デザインを通して、人間性を豊かにし、幸せな社会作りに貢献しようとする意識を持つ学生