教育

保健福祉学専攻の3つのポリシー

教育研究上の目的(人材養成に関する目的)

保健福祉学の理論と技術を修得する組織的な教育研究を行い、保健福祉に関連した臨床や政策の諸問題を解決できる優れた専門性を備えた人材を養成する。

3つのポリシー

① ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

保健福祉学専攻は、保健福祉学の理論と技術を修得する組織的な教育研究を行い、保健福祉に関連した臨床や政策の諸問題を解決できる優れた専門性を備えた人材の育成を目指しています。
したがって、本専攻では次の能力を身に付け、かつ修了の要件を満たした者に学位を授与します。

● 保健福祉領域における高度な知識、理論と技術及び論理性を身に付けている。
● 保健福祉領域における諸問題を解決するための研究を計画・遂行・発表する基礎能力を身に付けている。
● 生涯にわたって自己研鑽する姿勢と習慣を持ち、国内外の新しい問題に創造的に対応できる力を身に付けている。

② カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施の方針)

保健福祉学専攻は、学位授与の方針に掲げる人材を育成するため、次のような教育課程を編成しています。

1 政策科学講座、社会福祉支援科学講座及び保健福祉支援科学講座を置き、教育研究を実施します。
2 政策科学講座では、社会保障や児童・高齢者・障害者福祉分野等における制度、政策行政などに関する理論やデータの分析・評価方法を追求する科目を設置しています。
3 社会福祉支援科学講座では、児童、高齢者、障害者、病者のウェルビーイングを達成するための臨床的方法・技術の開発・評価及びそれらの理論化を追求する科目を設置しています。
4 保健福祉支援科学講座では、児童、高齢者、障害者など多様な人々の適応行動に関わる心理的・身体的特性の科学的な分析を基礎にした保健福祉実践につながる理論と方法を追求する科目を設置しています。
5 当該講座分野の理論と実践の前進に寄与しうる高度な研究成果を生み出すことができるよう、主指導教員を中心としながら段階的・系統的に研究指導を行います。

③ アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

保健福祉学専攻は、保健福祉学の理論と技術を修得する組織的な教育研究を行い、保健福祉に関連した臨床や政策の諸問題を解決できる優れた専門性を備えた人材の育成を目指しています。
したがって、本専攻が求める学生像は次のとおりです。

● 「やさしさ」、「思いやり」、「人間性」といった豊かな社会性と科学性を備え、保健福祉領域でのリーダーとして活躍したい学生
● 保健福祉領域における専門職として明確な目的意識を持ち、高度な知識や技術及び論理性を基礎にして、科学的方法によって問題の解決に当たりたい学生
● 高い挑戦意欲を持って、保健福祉領域の未開拓の領域の研究に情熱を燃やすことができる学生
● グローバルな視点での保健福祉実践・研究に興味を持ち、国際貢献を果たしたい学生