教育

栄養学専攻の3つのポリシー

教育研究上の目的(人材養成に関する目的)

栄養学の理論と技術を修得する組織的な教育研究を行い、食品の機能や臨床栄養などの人の健康に関連した栄養学的な諸問題を解決できる優れた専門性を備えた人材を養成する。

3つのポリシー

① ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

栄養学専攻は、食品の機能や臨床栄養などの人の健康に関連した栄養学的な諸問題を解決できる優れた専門性を備えるとともに、豊かな創造力と問題解決能力を身に付け、それぞれの領域で活躍できる人材の育成を目指しています。
したがって、本専攻では次の能力を身に付け、かつ修了の要件を満たした者に学位を授与します。

● 栄養学領域における理論と技術を身に付けている。
● 人の健康に関連した栄養学的な諸問題を解決するための専門性や研究能力を身に付けている。
● 栄養学領域における専門的な技術や知識を地域・世界に向けて発信できる能力を身に付けている。
● 栄養士のリーダーとして、国内外で活躍できる能力を身に付けている。

② カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施の方針)

栄養学専攻は、学位授与の方針に掲げる人材を育成するため、次のような教育課程を編成しています。

1 栄養情報学講座、食デザイン学講座、基礎栄養学講座及び食品栄養学講座を置き、教育研究を実施します。
2 栄養情報学講座では、情報解析技術を活用したデータ解析法と新しい理論構築を基に、近年急速に問題となってきた肥満、糖尿病、脂質異常症をはじめとする生活習慣病の予防と治療を目指した教育・研究並びにスポーツ栄養学の教育・研究を行い、栄養学の最先端の分野で活躍できる能力を育成します。
3 食デザイン学講座では、幼児、児童・生徒、高齢者の栄養指導や調理指 導、あるいは一般消費者の食生活全般を対象にした食育において、デザインや色彩の手法を取り入れて効果を得るための教育・研究を行い、食デザイン学の分野のリーダーとして活躍できる能力を育成します。
4 基礎栄養学講座では、一連の生命現象を遺伝子、生体分子、個体、集団 などのレベルごとに理解し、さらに未知なる理論を展開して発展させる力を養うための教育・研究を行い、栄養学の基礎と臨床を結ぶことができる能力、並びに栄養学分野の教育・研究機関にて活躍できる能力を育成しま す。
5 食品栄養学講座では、栄養学を基盤とした天然物化学、酵素化学、分子 遺伝学的アプローチにより、新規機能性食品成分の発見や新たな機能性食品素材の開拓、さらに食中毒の原因解明や予防に基づく食品の安全性の評価方法を開発し、健康増進と疾病予防を目標とした安全かつ高機能を有する食品素材の探求を志向した教育・研究を行い、管理栄養士のエキスパートとして食品関連企業、教育研究機関や行政機関において先導的に活躍できる能力を育成します。
6 外国人による科目を設定しグローバルな視野を育成します。

③ アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

本専攻が求める学生像は次のとおりです。

● 栄養学関連の教育施設で教育・研究に携わることを目指す学生
● 医療機関や保健福祉施設で治療栄養に携わる専門的管理栄養士を目指す学生
● 栄養研究機関や医療栄養関連企業の栄養研究部門で試験・研究に携わることを目指す学生
● 自治体などの保健施設で地域栄養活動に携わり、栄養指導などのコーディネータを目指す学生