教育・組織

情報工学部の3つのポリシー

3つのポリシー

① ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

情報工学とは、情報の伝送・認識・処理・利用にかかわるハードウェアとソフトウェアの技術を研究開発するための学問です。情報工学部は、豊かな教養と人間性をもって情報技術を活用して、人間及び自然との調和を図りながら高度情報化社会の持続的発展に貢献できる技術者の育成を目指しています。
本学部では、卒業要件を満たすことにより、次の能力や態度・意欲を身に付けた者に学位を授与します。
A.【人間・社会・自然の理解】
人文科学、社会科学、自然科学、健康科学の知識を通して、人間・社会・自然を理解する力を身に付けている。
B.【倫理観】
技術者倫理や情報倫理など他者に配慮し円滑かつ健全な活動を行うための知識を身に付けている。
C.【数理応用力】
数学、自然科学に関する知識とそれらを学科の専門分野に応用できる思考力、判断力を身に付けている。
D.【情報工学活用力】
情報工学の基礎分野に関する知識と、それらを各種の工学分野に活用できる思考力、判断力及びプログラミング能力を身に付けている。
E.【複合的な工学応用力】
情報工学と関連工学分野の専門知識と、それらを複合的に応用できる思考力、判断力を身に付けている。
F.【コミュニケーション力】
論理的思考に基づいた、日本語による記述力、口頭発表力、討議能力、企画提案力、技術文書(和文、英文)の読解能力、外国語によるコミュニケーション能力を身に付けている。
G.【協働を通した自己管理力】
多様な他者との協働の中で自己の役割を認識、表現し、自己管理をする力を身に付けている。
H.【未来志向力】
工学・技術の発展と裾野の広がりに関心をもち、グローバルな視点で主体性と協調性をもって課題を発見し、解決策を提案できる技能と実践力を身に付けている。 

② カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

【基本方針】
情報工学部では、学位授与の方針に掲げる人材を育成するため、4年間で系統的に修得した情報工学に関する広範囲な分野の専門的知識を基礎として、常に進展する先端的な技術を自主的・継続的に学習し、自身の活動に活かすことができるよう、体系的な教育課程を以下のように編成しています。
 
【共通教育科目】
共通教育科目では、技術者として求められる知的実践的自律性を培うため、教養教育の導入、理論、実践を網羅する科目群を編成しています。
【修学基礎力】
高校の学びから大学での学びへの転換と準備のための初年次教育ならびに各学科の専門性への学びを促す修学基礎科目群
【人間・社会・自然の理解】
人間や社会及び文化について考えるため、普遍的な理論や知識を修得し人間理解を深めるとともに、多種多様な社会の仕組みや歴史を修得し、そのあり方を問う論理的思考力や課題発見力を養う人文・社会科学科目群
自然現象やそれに関わる発見から普遍的な真理を探究することを通じ、論理的思考力や判断力、課題発見力などを身に付ける自然科学科目群
心身の健康に関する理論や知識を修得し生活する上で適切な判断を導く思考力を養うとともに、生涯にわたり健全な社会生活を送るための技能を修得する健康科学科目群
以上の学問分野において、主体的に課題を設定し、調査、考察、発表、討論を経て最終的な解決に取り組む複合PBL科目群
【コミュニケーション力】
グローバル化する国内外の地域で活躍するために必要な語学力を育成し、異文化理解を深める語学国際科目群、相互対話によって主体的に問題に取り組み自らの見解を他者に合理的に発信できる複合PBL科目群
【協働を通した自己管理力】
豊かな人間性をもって地域で活躍するために必要な地域の理解と、他者との協働性を養成する社会連携科目群
 
【学部教育科目】
学部教育科目では、全学科に共通する情報基盤技術を教授し、情報技術を活用したイノベーションを創造するために必要な工学的理論、技能を涵養する科目群を編成しています。
すなわち、情報工学を共通基盤として、各学科のカリキュラム・ポリシーに準拠して、独自の教育課程を用意し、各学科に応じた専門知識と、それらを多様な工学分野に活用できる思考力、判断力、応用力を養成する科目群、および、修得した専門知識を活用し、主体性、協調性、計画性をもって、課題を工学的に解決する能力を涵養する実験・演習科目群を設置しています。さらに、研究対象に関する深い知識の獲得や、発見した技術課題を解決に導くため、技術者倫理を遵守した計画立案・遂行能力を養うために卒業研究を配置しています。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)