教育

造形デザイン学専攻の3つのポリシー

教育研究上の目的(人材養成に関する目的)       

造形デザイン学の理論と技術を修得する教育研究を行い、新たな造形デザイン構築において諸問題を総合的な視点から解決し、社会に貢献することのできる高度専門職業人としてのデザイナー及び研究者を養成する。       

3つのポリシー       

① ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)       

造形デザイン学専攻は、造形デザイン学の理論と技術を修得する教育研究を行い新たな造形デザイン構築において諸問題を総合的な視点から解決し、社会に貢献することのできる高度専門職業人としてのデザイナー及び研究者を育成することを目指しています。
したがって、本専攻では次の能力を身に付け、かつ修了の要件を満たした者に学位を授与します。       
● それぞれの専門領域に関する十分な情報分析・構築力及びデザイン理論構築力を身に付けている。
● 社会動向などを見据えたうえで、創造的かつ造形的なデザインを発信できる能力を身に付けている。
● 高度な専門性を活かし、グローバル化に対応できるマネジメント力を身に付けている。

② カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施の方針)       

造形デザイン学専攻は、学位授与の方針に掲げる人材を育成するため、次のような教育課程を編成しています。       
1 高度専門職業人としてのデザイナー及び研究者に求められるグローバルな幅広い見識と視点、高度な専門性を涵養するために、「ビジュアルデザイン学領域」、「造形デザイン学領域」の2つの領域を置いています。
2 ビジュアルデザイン学領域では、印刷メディアを主体とした造形構成・編集、デジタルメディアを主体としたコンテンツ形成におけるデザイン性、機能性の向上を目指すための高度な専門知識、能力、技術を養うための科目を提供します。
3 造形デザイン学領域では、生活空間や展示空間などを構成・演出するセラミックやテキスタイルのデザイン性、機能性の向上を目指すための高度な専門知識、能力、技術を養うための科目を提供します。さらにテーマに基づき必要な調査・分析・研究及び作品制作について探究していきます。
4 現代における造形文化を考察し、解明するための視座により造形デザイン理論の構築にも重きを置いています。また、プロジェクト、ゼミナールなど領域横断的な授業の取り組みでは、公共機関、企業などに社会提案を行うことによってデザインマネジメント力を養っていきます。
5 特別研究では、2年間にかけて課題に向けて調査・分析・研究を行い、修士論文及び修士制作について探求していきます。

③ アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)       

造形デザイン学専攻は、造形デザイン学の理論と技術を修得する教育研究を行い新たな造形デザイン構築において諸問題を総合的な視点から解決し、社会に貢献することのできる高度専門職業人としてのデザイナー及び研究者を育成することを目指しています。
したがって、本専攻が求める学生像は次のとおりです。
       
● 造形や構成などの特性を、柔軟な発想と集積した知識によって分析し、さらに独創的な思考力、表現力などを発揮して、新たな造形デザインの価値創造を目指したい学生
● 情報化社会のなかで、情報を読み解き、またそれらを組み合わせるなどによって新たな課題発見の可能性を探究し、造形デザインによる社会的価値の創造に結び付けたい学生
● 社会の動向を注意深く観察する力を養いながら、常に問題意識を持って造形デザインが担うべき役割を追究し、培った力を社会貢献にいかしたい学生