教育

デザイン工学専攻の3つのポリシー

教育研究上の目的(人材養成に関する目的)       

デザイン工学の理論と技術を修得する教育研究を行い、各デザイン分野での諸問題の解決とデザイン手法の革新を図り、社会に貢献することのできる高度専門職業人としてのデザイナー及び研究者を養成する。

3つのポリシー       

① ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)       

デザイン工学専攻は、地域社会と産業界の要請に応えられる、高度な専門的知識・技能・技術をベースにした総合的な思考力を有する高度専門職業人として多様な価値創造が可能なデザイナー及び研究者の育成を目指しています。
したがって、本専攻では次の能力を身に付け、かつ修了の要件を満たした者に学位を授与します。
       
● それぞれの専門領域に関する十分な情報分析力及びデザイン理論による構築力を身に付けている
● 社会動向などを見据えたうえで、創造的かつ造形的なデザインを発信できる能力を身に付けている
● 高度な専門性を活かし、グローバル化に対応できるマネジメント力を身に付けている   

② カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施の方針)       

デザイン工学専攻は、学位授与の方針に掲げる人材を育成するため、次のような教育課程を編成しています。       
1 高度専門職業人としてのデザイナー及び研究者に求められるグローバルな幅広い見識と視点、高度な専門性を涵養するために、「製品・情報デザイン学領域」、「建築・都市デザイン学領域」の2つの領域を置いています。
2 製品・情報デザイン学領域では、工業製品、日常生活品など製品を対象として、技術と感性の調和を図り、同時にヒトと製品のスムーズな協働(インタラクション)のためにユーザインタフェイスなど情報を整理し、豊かな生活を創造する製品の実践的、総合的な教育研究に取り組みます。
3 建築・都市デザイン学領域では、人間生活の根幹となる建築空間を基軸にして、街づくり、都市や地域環境など広範囲な空間領域を対象として、人と環境の調和を目指した体系的・総合的な建築教育とともに、各分野を深く探究する先進的な研究活動に取り組みます。
4 特別研究は、2年間の研究活動を通じて、高度な研究遂行能力を涵養することを目的としています。研究テーマは学生の希望と指導教員の助言により設定され、修士論文及び修士作品あるいは研究科委員会で承認を受けた特定の課題における成果物の作成をします。

③ アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)       

本専攻が求める学生像は次のとおりです。
       
● 既成概念にとらわれず、個性的で、物事の本質を観ようとする自主性のある学生
● 豊かな創造力と柔軟な思考力を鍛え、自ら問題を提起し、それぞれの創作を通して、解決策を示し、社会や人々の生活・文化の向上に貢献したい学生
● 最新技術と伝統との融合による総合的なデザイン力によって、ヒトと空間、ヒトとモノ、ヒトとコトの関係性の中から新たな価値を創造し、人々の生活を豊かで潤いのあるものにしたい学生