ブックタイトル2017年度_岡山県立大学概要

ページ
32/40

このページは 2017年度_岡山県立大学概要 の電子ブックに掲載されている32ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

2017年度_岡山県立大学概要

? 30 ?○地域貢献高大連携事業全学講義公開講座 平成14 年10 月に県教育委員会と連携教育の実施に係る協定を締結しました。この協定に基づき、県立高等学校生徒に対して大学レベルの教育を履修する機会を提供し、学習意欲や進路意識の高揚を図るとともに個性の一層の伸長に資するため、高等学校における科目の履修とみなし単位を与えることができる連携講座の開催や大学教員の高等学校への講師派遣(出前講義)を実施しています。【公開授業・出前講義実績】平成24 年度平成25 年度平成26 年度平成27 年度平成28 年度高 校 数(延・校) 11 9 11 15 8受講人数(人) 607 481 841 682 259  うち連携講座61 16 18 15 15  うち出前講義546 465 823 667 244※平成27年度以前の実績には、有償で実地したものを含む。 広く全学生の教養を高めるとともに、地域文化の向上に寄与することを目的として、学生だけでなく地域住民や教員を対象に全学講義を開催しています。【開催状況】年 度参加者数講 座 内 容 24 450 講師 東京学芸大学 名誉教授 鷲山 恭彦 氏 演題 21世紀知識基盤社会における教養教育とは何か25 120 講師 AMDAグループ 代表 菅波 茂 氏 演題 これからのグローバル人材育成 ~三者連携協定を通じて~26 460 講師 東京大学 名誉教授 坂本 功 氏 演題 五重塔はなぜ地震に強いか -伝統的木造建築を現代工学で解き明かす-27 420 講師 岡山大学資源植物科学研究所 教授 馬 建鋒 氏   演題 植物のミネラル輸送と我々の健康28 450 講師 公益社団法人経済同友会 教育改革委員会 委員長 天羽 稔 氏 演題 学生時代になすべきこと ~これからの企業・社会が求める人材像~ 地域に開かれた大学を目指し、地域貢献活動の一環として地域住民の生涯教育の場とするために公開講座を開催しています。【開催状況】年 度講座数応募者数修了者数講 座 内 容24 14 128 28担当学部  デザイン学部テーマ   「デザインの時代-安心と心の豊かさを求めて」25 8 64 39担当学部  情報工学部テーマ   「快適な暮らしを求めて-現代における情報技術-」26 10 101 90担当学部  保健福祉学部テーマ   「認知症と向き合う~安心して豊かな老後を過ごすために~」27 10 59 40担当学部  デザイン学部テーマ   「地域が求めるもの~「デザインのチカラ」」28 10 34 21担当学部  情報工学部テーマ   「地域を活かす情報技術」※2/3以上出席の者を修了者とする。※24年度は講座ごとに受入を行ったため、180分講座は1講座で1日、90分講座は2講座で1日と換算し、合わせて3日以上出席した者を修了者とした。