DAKARA KENDAI

地域貢献

地域を学ぶ副専攻「岡山創生学」を開設、
地域が求め、地域で活躍できる人材を育成します。

地域を学ぶ副専攻「岡山創生学」を開設、地域が求め、地域で活躍できる人材を育成。

本学は、その教育目的にあるように「人間・社会・自然の関係性を重視する実学の創造を通じて地域に貢献できる人材の育成」を目指しています。その実現のために副専攻「岡山創生学」を開設し、学生が地域を知り、地域の課題を理解し、地域の人とともに解決を図る教育を実践します。卒業後に地域が求める、地域で活躍できる人材を育成します。

岡山創生学
副専攻「岡山創生学」の科目群は基礎と実践に大別されます。基礎科目では社会連携につながる基礎知識や岡山県の地域施策などを学び、実践科目では地域学習の場である「地域創生コモンズ」を拠点に、地域課題の発見と解決への過程をアクション・ラーニングを通して学びます。
副専攻
副専攻とは、主専攻の専門教育以外の分野の知識や考え方を学ぶことで、専門教育を補完するだけでなく、大学での修学修学意識がより高められる制度です。

副専攻「岡山創生学」

学士の学位を得るために学部、学科で設定されたカリキュラムとは別に、社会に対する視野を広げ、柔軟な発想力や応用力を養うことを目的に設定したプログラムです。受講生は興味関心のある分野について地域で学際的、横断的に学びます。基礎科目による課題の発見と解決への動機付けに始まり、課題解決に向けた実践的な取り組み、そして各学部教育への連携へと、年次による段階的なカリキュラムを編成しています。

副専攻「岡山創生学」は岡山県立大学の全学部、全学科の学生が受講できる教育プログラムです。

おかやまボランティア論、おかやまボランティア演習

1年次生全員を対象に、やがて社会人となる大学生が市民として、ボランティア活動とは何かを考え、その意義や目的について理解を深めます。講義では実践者をゲストスピーカーとして招き、活動の紹介と教員との対話を通じて学修し、演習では現場に出てボランティア活動を体験します。

地域協働演習

「地域インターンシップ」や高年次の演習につなぐ実践科目であり、連携自治体(総社市、笠岡市、備前市、真庭市)の「地域創生コモンズ」を拠点に、学部、学科とは別のグループ構成による演習を行います。地域の歴史や人物の魅力に触れるとともに地域課題を認識し、コミュニケーションと協働を通じて、その解決プロセスを考えていきます。

地域インターンシップ

連携自治体で就業体験を行います。インターンシップで実際の業務に触れ、行政の業務や地域課題に対する取り組みなどについて理解を深めます。それを基盤に自身が学んでいる専門分野との連携を図り、地域の持続的発展のための対策を考えます。

地域創生コモンズ

岡山県立大学の学生がデザインを考案した笠岡港施設の一部が「地域創生コモンズ」として利用されます。

大学内だけでの学びではなく、演習では地域のフィールドが学びの場となります。岡山県立大学では、総社市、笠岡市、備前市、真庭市と連携し、地域での活動の中心となる「地域創生コモンズ」を設置し、自治体、地元企業、地域住民の方々との協働による活動の拠点にします。

地域創生推進士

副専攻「岡山創生学」の修了者に対して岡山県立大学が授与する称号です。社会の中で地域が果たす役割を考え、地域「おかやま」のニーズや課題を発見し、その課題に向き合い、取り組むことのできる知識や技術を身につけたことを証明します。この称号を得て社会で活躍することが期待されます。

ページトップへ