DAKARA KENDAI

卒業生にインタビュー

岡山県立大学を卒業し、多方面で活躍する卒業生たちの
インタビューを紹介します。

デザイン学部

デザイン工学科 2011年卒業卒 石黒 景さん

株式会社テイクオフ
グラフィックデザイン部署

Q.仕事のやりがいや喜び、苦労を教えてください
A.自分がパッケージを手がけた商品がお店に並ぶとき やりがいを感じます

商品のパッケージデザインを担当しています。表面のグラフィックはもちろん、立体を勉強してきた強みを活かし、構造までトータルで提案しています。実際にお店に自分が作成したパッケージが並んだり、市場での評価や売れ行きを知れたりすることにやりがいを感じます。学生時代よりもデザインのスピードが必要ですが、あらかじめいろいろなデザインを見て情報収集したり、得意なデザインの型を確立したりすることで克服しています。

Q.学生時代について教えてください
A.インターンシップでの現場体験が強く印象に残っています

3年次に、2週間ほど愛知県の車の内装関連のメーカーにインターンシップでデザインを学びに行ったことが強く印象に残っています。プロのデザイナーからアドバイスをもらいながら、調査・分析・最終プレゼンといった実践的なデザインのプロセスを学んだ経験は、今の仕事で大きく役立っています。本学は先生方の多方面への影響も相まって、校内での授業にとどまらずさまざまな経験ができます。非常に恵まれた環境だと思います。

ページトップへ