キャリア・学生生活

正課外・ボランティア活動支援

本学の正課外・ボランティア活動支援とは
本学では、教育、文化、スポーツ、環境問題など幅広い活動を通じて、大学の授業だけでは学べない多くのことを体験でき、主体性や創造力など社会人基礎力を高めキャリア形成にもつながるボランティア活動や正課外活動をサポートしています。

≪ボランティア活動をしたい≫

ボランティア活動をしたい学生に向けて、ボランティア情報を受け取る方法(ボランティアBANK)、ピア・サポート活動、ボランティア保険の紹介をしています。

【ボランティアBANK】
自分が活動してみたいボランティア内容を選んで登録しておけば、その内容に合致する活動の情報をメールで受け取れるシステムです。自分から探しに行かなくても、自動的に募集案内が届きます。
登録できる項目は以下の通りです。
 大学内
 ・学生生活支援(大学内での学生生活環境の改善等)
 ・広報支援(大学内のイベント等の広報活動)
 ・学生支援(支援を必要とする学生のサポート)
 大学外
 ・地域貢献活動(近隣地域でのイベントなどのサポート)
 ・障がい者支援(地域での障がい者のサポート)
 ・子ども学習支援(地域での子どもの学習施設やイベントでのサポート)
 ・高齢者支援(地域での高齢者施設やイベントでのサポート)
 ・災害復興支援(災害地域での復興支援活動)
☆登録方法等の詳細についてはこちら(学内専用の別ウィンドウが開きます)
 
【ピア・サポート活動】
障がいのある学生が障がいのない学生と平等に修学できるように、学生がサポートする活動です。SAS登録学生制度で「学生支援」を登録している学生がピア・サポーターとして活動します。例えば、サポート活動には通学時の電車の乗降支援、移動経路の扉の開閉支援などがあります。
 
【ボランティア情報】
大学に届いたボランティア募集の情報は、「はっとりん」の「ボランティア情報」に掲載しています。また、冊子やポスターなどは、学生会館3階の学生支援室(Student Activity Station (SAS))に置いてあります。
☆はっとりんはこちら(学内専用の別ウィンドウが開きます)
 
【ボランティア保険】
ボランティア活動中の事故やけがのために、活動前にはボランティア保険に加入しましょう。
☆詳しくはこちら(学内専用の別ウィンドウが開きます)
 
【ボランティア活動助成】
大規模災害に伴うボランティア活動には後援会から活動助成金を受けることができます。
☆後援会のページはこちら(学内専用の別ウィンドウが開きます)
 

≪学生支援団体PZL≫

学生による学生のための自治組織として、本学では学生支援団体PZL(パズル)を設立しています。学生目線で大学構内や修学環境の整備、学生参加型FD活動、正課外活動(ボランティア活動)の紹介や斡旋、正課外活動の拠点である「学生支援室(Student Activity Station (SAS))の管理・運営などの活動を行っています。
☆PZLのホームページはこちら(学内専用の別ウィンドウが開きます)
 

≪学生支援室(Student Activity Station (SAS))≫

学生支援室 「Student Activity Station (SAS)」は、学生の正課外活動の拠点として学生会館3階にあります。
図書館にある個別の学習スペースとは異なり、友達同士のグループ学習やミーティング、アクティブラーニングなど、決められたルールのなかで学生同士自由に利用できる施設です。
SAS1SAS2
 [開室時間]
  ・授業・試験期間 8:40~20:00(月・金は17:30まで)
 [インフォメーションスペース]
  ・ボランティア情報の掲示、検索
 [ラーニングスペース]
 ・可動式机(10卓) 、可動式椅子(30脚) 、ホワイトボード&スクリーン(10台) 、プロジェクター(5台) 、プロジェクター昇降台(5台) 、大型スクリーン(1台) 、検索用パソコン(2台)
☆利用案内等の詳細についてはこちら(学内専用の別ウィンドウが開きます)
SAS配置図