キャリア形成・就職

クォーター制度

本学では現在、通年制とセメスター制(2学期制)の学事暦による科目履修を行っています。
その制度を改革し、平成29年度からクォーター制度(4学期制)を導入します。

クォーター制度を活用することで、例えば語学・コンピューター実習などの集中学習が可能になり、学習効果の向上が見込まれます。

また、平成28年度から導入される副専攻「岡山創生学」では中長期の学外「地域協働演習」やインターンシップが行われますので、充実した学外演習が可能になります。

さらに、夏季・春季休業と連動させることで、ボランティアの長期体験、語学文化研修などの海外体験がしやすくなり、キャリア形成の面で大きな利点が生まれます。