• 入学を希望する方へ
  • 企業の方へ
  • 地域一般の方へ
  • 卒業生の方へ
  • COC+推進室

     お知らせ


     【平成28年8月1日】

     本学を代表校とするCOC+事業「地域で学び地域で未来を拓く‘生き活きおかやま’人材育成事業」のホームページを開設しました。随時情報を更新していますので、以下のリンク先からご覧ください。

     

    「地域で学び地域で未来を拓く‘生き活きおかやま’人材育成事業」のホームページへのリンク(別ウィンドウが開きます)

     

    【平成28年8月22日】

     総社市及び片山工業株式会社との間で健康増進施策推進に関する連携協定書調印式を行いました。詳細は以下のリンク先からご覧ください。

     

    県大ニュースへのリンク(別ウィンドウが開きます)

     

    【平成29年2月7日】

     平成29年2月28日(火)に「おかやまCOC+シンポジウム2017」を開催します。詳細は以下のリンク先からご覧ください。

     

    「おかやまCOC+シンポジウム2017を開催します」へのリンク(別ウィンドウが開きます)

     

     ごあいさつ


     

     COC+事業「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」は、大学が地域の自治体や企業等と協働し、学生にとって魅力ある就職先を創出・開拓するとともに、地域が求める人材を育成する取組として、政府が目指す地方創生の一躍を担うものです。

     そして、本学が進めるCOC+事業「地域で学び 地域で未来を拓く‘生き活きおかやま’人材育成事業」は、おかやまの創生に向け、産学官民が一体となり、オール岡山で進める人材育成の事業です。「教育改革」、「域学連携」及び「産学連携」による活動を通じて、若者の地域連携教育を実践し、地域の活性化とともに、地域を志向する人材の輩出及びこれら人材の受け皿づくりを行うことで、若者の地元岡山への定着を図るものです。

     皆様方には、今後とも本事業への積極的なご参加、ご支援を賜りますことをお願い申し上げます。

     

    coc+rogo(L)

     

    COC+推進室長  佐藤 洋一郎 (地域連携推進センター長兼任)

     

     

     

     

     地域で学び地域で未来を拓く‘生き活きおかやま’人材育成事業


     

     岡山県立大学を代表校とする「地域で学び地域で未来を拓く‘生き活きおかやま’人材育成事業」は、岡山県、県内自治体の政策課題も取り込みながら、これまで岡山県立大学が取り組んできた「教育改革」、「域学連携」、「産学連携」活動を、県内大学、自治体、企業、NPO団体等と協働して設置した「おかやまCOC+推進協議会」を推進組織として進化・発展させ、地域を志向する人材の育成とその受け皿づくりを行い、若者の地元定着率の向上を目的とした事業です。

     このために、岡山県をはじめ、各事業協働自治体の創生総合戦略を反映した下記3つの目標を設定し、本事業期間内(平成27年度~平成31年度の5年間)を通して、「教育改革」、「域学連携」及び「産学連携」活動を相互に連携・実施しながら、若者の地域定着を進める産・学・官・民協働の体制を整備し、地域で学び、地域を志向し‘生き活きおかやま’を創生する人材を育成します。

     

    jigyou_gaiyou

     

    【目標Ⅰ】地域の未来を切り拓く知識と高度な専門性を身につけた実践力のある人材の養成(教育改革)

    【目標Ⅱ】子育て支援、教育支援、高齢者・障害者支援、ヘルスケア等により、安心して生活することのできる魅力ある地域づくり

    (域学連携)

    【目標Ⅲ】観光振興、中小企業・小規模事業者の技術支援、健康寿命の延伸などの分野の研究開発を通した雇用創出 (産学連携)

    ※COC+事業H28年度版リーフレットはこちらpdf(2MB)

     

     

     事業協働機関


     

    【参加大学】

    岡山県立大学(COC+大学)/岡山大学/岡山理科大学/ノートルダム清心女子大学/就実大学/山陽学園大学/吉備国際大学(COC大学)/倉敷芸術科学大学(COC大学)/くらしき作陽大学(COC大学)

    【自治体】

    岡山県/総社市/笠岡市/備前市/真庭市/岡山市/倉敷市/高梁市

    【経済団体・企業等】

    岡山県経済団体連絡協議会/岡山県商工会議所連合会/岡山県経営者協会/一般社団法人岡山経済同友会/岡山県中小企業団体中央会/岡山県商工会連合会/公益財団法人岡山県産業振興財団/株式会社中国銀行/株式会社トマト銀行/一般財団法人岡山経済研究所/株式会社山陽新聞社/特定非営利活動法人岡山NPOセンター

     

    kyodokikan

     

     


     副専攻カリキュラム 「岡山創生学」


     

     学士の学位を取得するために学部、学科で設定された主専攻のカリキュラムとは別に、社会に対する視野を広げ、柔軟な発想力や応用性を養うことを目的に設定された副専攻のプログラムです。主体的に興味関心のある分野について、地域で学際的、横断的に学びます。

     課題発見と解決への動機付けに始まり、課題解決に向けた実践的な取組、そして学部教育への連携へと、年次による段階的なカリキュラムを編成しています。

    定められた科目を履修して、単位を取得し、修了が認定されると「地域創生推進士」の称号が授与されます。社会の中で地域が果たす役割を考え、地域のニーズや課題を発見し、その課題に向き合い、解決できる知識や技術を身につけ、社会で活躍することが期待されます。

     

    okayama_souseigaku

     

     


    地域活動の拠点 「地域創生コモンズ」


     

     地域創生コモンズは、事業協働機関である総社市、笠岡市、備前市、真庭市に設置され、参加大学や自治体、NPO団体等が連携して、活動する拠点となるものです。

     地域課題の掘り起こしや解決策に対して、岡山創生学の地域実践科目との連携も図りながら学生の参加を促し、地域を志向した教育を推進します。

    また、地域の様々な分野の方々との交流の場としての機能を構築し、地域や産業のニーズに対して、参加大学の持つ研究シーズを有効活用しながら、地域活性化に貢献します。

    tiikisousei_komonzu

     

     

     COC+事業「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」について


     

     文部科学省の平成27 年度補助事業であり、大学が地方公共団体や企業等と協働し、学生にとって魅力ある就職先を創出するとともに、その地域が求める人材を養成するために、必要な教育カリキュラムの改革を断行する大学の取組に文部科学省が支援することにより、地方創生の中心となる「ひと」の地方への集積を目的としています。補助期間は平成27 年度から平成32年度までの5 年間です。

    (出典:文部科学省

     

     連絡先


     

    名称

      公立大学法人 岡山県立大学 地域共同研究機構 COC+推進室

    住所

      〒719-1197 岡山県総社市窪木111番地

    電話

       0866-94-2207

    FAX

      0866-94-2206

    メール

       cocplus@oka-pu.ac.jp