• 入学を希望する方へ
  • 企業の方へ
  • 地域一般の方へ
  • 卒業生の方へ
  • TOP > 総合情報機構

    総合情報機構

     総合情報機構は、情報基盤活用推進センターと広報メディア開発センターの2つのセンターからなる全学的な組織です。本学が地域や国内外に開かれた大学として学内外に説明責任を果たし、本学の存在意義を広く伝えることを目的に設置しています。
     情報基盤の整備及び活用、情報セキュリティ、入試、教育研究、国際交流など様々な情報の蓄積、活用、公開を進めます。
    情報基盤活用推進センター
     情報処理関係の施設、機器等の維持管理や、ネットワークシステムの構築及び維持管理、活用、セキュリティ対策等を行っています。
    広報メディア開発センター
     広報計画の企画立案、広報誌等の編集、デザイン、大学案内やホームページ等の作成を行います。また、様々な広報メディアの開発、活用を推進します。
    メッセージ
     高度情報化時代の今日、大学内外のステークホルダーにとって、大学情報の的確かつスムーズな流通は必須の課題であります。そのためネットワークを活用するための各種情報インフラの整備や危機管理・利便性等の課題解決に向けた取組を行う情報基盤活用推進センターを設置しました。また大学案内や広報誌などを通じて受験生や保護者の方々、あるいは地域の方々に向けて適切かつ魅力ある大学情報を発信することが求められており、その推進のため、広報メディア開発センターを設置しました。以上を通じて、本学の情報環境の改善や存在意義の伝達に資することができればと願っています。
    総合情報機構長  吉原直彦