• 入学を希望する方へ
  • 企業の方へ
  • 地域一般の方へ
  • 卒業生の方へ
  • TOP > 共通教育部 > 社会連携教育推進室

    社会連携教育推進室

    概要
     共通教育科目における社会連携カテゴリー科目により、学生が社会あるいは地域の諸課題について考える機会を設け、さらに実践論や演習科目により、学生の学びが活きた学びになるよう支援する役割を担っています。その根底となる理念が、本学が目指す「地(知)の拠点づくり構想」です。
     そして、社会や地域にある諸課題に対し、教員と学生が共に教育を通じて向き合い、地域の皆様と協働することが、教育による地域貢献だと考えます。そのために推進室では、地域社会との双方向な教育的取り組みを目指したいと考えています。
    カテゴリー科目演習・実践科目
    少子高齢社会論
    地域ボランティア論
    地方自治論
    企業の組織と活動
    起業の条件 など
    地域活性化実践論(予定)
    地域協同演習(予定)
    地域インターンシップ(予定) など
    メンバー
    室長山本浩史(保健福祉学部准教授) 
    副室長渡邊富夫(情報工学部教授・地域共同研究機構長)
    室員佐藤洋一郎(情報工学部教授・地域連携推進センター長)
    佐藤和順(保健福祉学部教授)
    池田隆英(保健福祉学部准教授)