本文へスキップ

 

SAS登録学生制度

概要

正課外活動、ボランティア活動をすると自身のスキルアップや様々な人々と知り合うことができます。また、自身の学部で学んでいることを活かす良いチャンスにもなります。情報工学部ではプログラミング技術を活かしたロボット教室、保健福祉学部では高齢者支援や障がい者支援、デザイン学部では様々なイベントでのポスター作成など各学科にあった活動情報を取り揃えています。そして、岡山県立大学でボランティアをしていくなら、SAS登録学生制度に登録するのが一番です!すべてのボランティア情報はここから発信されるといっても過言はありません。まずは、一度登録してみませんか?SAS登録学生制度に登録するだけで、イベントやボランティア情報などを得ることができます。
登録したい!という方は下記の「SAS登録学生になるには」の項目をご覧ください!

SAS登録学生になるには?

学生支援室 Student Activity Station (SAS)にある登録用紙を受付のPZLスタッフから受け取る、または以下のPDFをダウンロードし、印刷して、PZLスタッフに提出してください。不明な点はSASのPZLスタッフにお問い合わせください。
SAS登録学生申請書

COC+事業との連携

COC+事業では、教育改革・域学連携・産学連携共有の地域活動の拠点として、本学と連携協定を結ぶ総社市、備前市、真庭市に「地域創生コモンズ」を設置しています。これらコモンズとSASはWEB会議・テレビ会議システムで結ばれているとともに、岡山創生学のプログラムにおいてミーティングの場所としても利用でき、域学連携における本学の拠点ともいえます。